TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 給与「60歳の崖...

給与「60歳の崖」緩く 定年延長でも8割程度維持 人手不足、経験生かす :日本経済新聞

15コメント 登録日時:2018-02-14 06:05 | 日本経済新聞キャッシュ

 明治安田生命保険は2019年4月からの定年延長(総合2面きょうのことば)に伴い、60歳以上の給与水準を60歳前の7~8割程度に維持する。ホンダも60歳以上の給与を59歳時点の半分から約8割に引き上げ...

Twitterのコメント(15)

人材確保大変/給与「60歳の崖」緩く: 日本経済新聞
雇用の維持と組織の活力維持向上をどう両立させるか。考えてみよう。
人材流出を防ぐ施策の裏側で新卒採用も一定数確保していただきたいですね。より若手が入らなくなるような副作用が出ないように。
給与「60歳の崖」緩く: 日本経済新聞
アクティブシニアが活躍できる環境になってくね/
経験が重要と思っているのに、なぜ60歳より給料減らすのか。今の65歳って現役でやれる程に若くて戦略になるのに。
「定年延長で海外勤務となるケースが増えることが予想され、海外工場でのノウハウ伝承などにもつなげる。」:
製造現場はさておき、こいつらをクビにすればなくなる仕事がたくさんあって、人手不足も解消するのでは…
そもそもなんで定年て60歳なんだろうね。60歳でもピンピンしてる人めっちゃおるけど。
まだまだ働ける自信があれば退職したくはない。でも給与が減ったらモチベーションが下がるからコストはかけるべきだと思う
前からいってんだけど、仕事も変わらない、出勤日数も変わらない、で給料減るっておかしくね?(´・ω・`)
年齢だけできるのは無理が出てくるだろう。役職や貢献度によって純粋に処遇するのがいい。
女性の活用よりも手っ取り早い。いいか悪いかは別にして(女性にとって)。人材の流動性改善にはマイナスか。
素晴らしい!
さようならニッポン
以上

記事本文: 給与「60歳の崖」緩く 定年延長でも8割程度維持 人手不足、経験生かす :日本経済新聞

関連記事

29コメント 2017-02-15 08:57 - www.itmedia.co.jp

画像で見る主要ニュース