TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 仮想通貨の呼称、...

仮想通貨の呼称、「仮想資産」に変えるべき 日銀総裁  :日本経済新聞

20コメント 登録日時:2018-02-14 06:44 | 日本経済新聞キャッシュ

 日銀の黒田東彦総裁は13日、ビットコインなど仮想通貨について「仮想資産(クリプトアセット)という言い方に変えるべきともいわれる」との認識を示した。仮想通貨は円やドルなど法定通貨とは異なると述べ、決済...

Twitterのコメント(20)

論理貨幣ってどうかなという提案。
今度から暗号理論のこと「仮想理論」って呼ぼうぜ!
13日、ビットコインなど仮想通貨について「仮想資産(クリプトアセット)という言い方に変えるべきともいわれる」との認識を示した。仮想通貨は円やドルなど法定通貨とは異なると述べ、決済手段としての広がりには懐疑的な見方を示した。
確かに現状では同感。決済手段として普及したなら、その時は、資産でも、決済手段でもある『通貨』と呼んでいいと思う。 ---【日経新聞】
currencyとは?って思うな。実態が本質的な意味や理想からかけ離れてしまったので呼び名から変えようという場当たり感。 -
架空資産?(混乱
実際だれも通貨として使ってないんだし、いいんじゃないすかね

>>
いつでもどの相手でも取引出来るから通貨
ただし課税される。お願いだからもう少し本質的な内容をお話しになって…… /
( ^∀^)「仮想球根」で良いよw
無料なんで1行しか読めてないけど「仮想資産(クリプトアセット)という言い方に変えるべき」とは意味がわからない。virtualかと思うじゃんね
どんどん変更していくのには賛成。
確かに「通貨」としては流通してないよなw

仮想通貨の呼称「仮想資産」に変えるべき
仮想資産か。ビットコインなど仮想通貨の投機に走る連中の資産は、まさに「有ると皆が思っているだけの仮想の資産」。日本語だと絶妙な味が出る(笑)
 日銀総裁:日経
現金へ換金前の状態も資産として課税の管理下に置くのが狙いなのか?
「クリプト」=「暗号」、「カレンシー」=「通貨」なのに、なんで「クリプトカレンシー」が「仮想資産」になるのか理解不能。国としてはよっぽど「あぶく銭」感のレッテルを貼りたくて必死なんだな。
そのうち「仮想文字列」とか言い出しそうw
たしかに通貨よりも資産の方が、実態にあってますね。currencyは狭すぎる。/
たしかに、決済手段としてではなく単に資産と言った方が良いかも /
「仮想」というのも少し違う。「デジタル資産」がいいと思う。
今のままで良いよ
以上

記事本文: 仮想通貨の呼称、「仮想資産」に変えるべき 日銀総裁  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース

54.167.29.208 ec2-54-167-29-208.compute-1.amazonaws.com