TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 引っ越し「難民」...

引っ越し「難民」大量発生? 今春、人材不足で 横並び打破し生産性向上 :日本経済新聞

25コメント 登録日時:2018-02-11 06:45 | 日本経済新聞キャッシュ

 物流網が危機的状況に陥る中で、今春の異動期は希望のタイミングで引っ越しできない多数の「難民」が発生する恐れが強まっている。引っ越し会社は企業に3~4月の繁忙期から転勤時期をずらすよう要請を始めた。雇...

Twitterのコメント(25)

私、昔電話申し込みしたのに、ダンボール届かなくて問い合わせたら申し込みされてなくて、天を仰いだことあったなあ…
ダンボール申請してなくて当日まで気づかなかったらと思うと…
人手不足はますます深刻になりますね。終身雇用のまやかしから早く目を冷まして、余っている人材リストラされないかな。
労働人口の減少が社会的前進のきっかけになるのはアイロニカルやな〜
サカイ引越センターの3Q決算がやたら増収増益だなあと思ったら、そういうことだったか。
法人契約の入退去の時期ズレで、全体としては問題なくても個別にはダウンタイムやら稼働に影響出る物件が出てくるかも。>引っ越し「難民」大量発生?:
単身パックで16000円で引っ越した。忙しそうでしんどそうでこんなに安くて採算とれてるのだろうか?と思った。私としてはとても有り難いサービスだけど、単身パックはそのうち無くなるだろうな。

引っ越し「難民」大量発生?:
2月上旬にこの記事が出たことは覚えておきたい。これを知った上で人事異動を4月にやる会社か否か。1つの評価基準となろう。
働き方改革の成果なのでしょうが、年度末の大手各社が同時期に人事異動って慣習自体をまず見直すべきでは?
学生時代に1回だけ引越バイトしたけど、社員が本当にクズだったので2度とやらなかった。似た話はしょっちゅう聞く。バイト集まらないのは社員教育にも原因あるんではないかね。
「雇用逼迫の時代」このままでは今後さらに逼迫するのは明らか。対策が求められる。
会社でも早く見積もり出せってなってるわ
ただでさえ新学期は繁忙期で費用が高騰する上に引っ越しそのものができないかもしれないとか恐ろしいことになっているな。/ところで写真の段ボールのイラストが闇感煽ってるのは気のせいか。 /
異動時期分散以外には、費用増加や給与増加が対策になると思う。ただ、一番の問題は人材不足だから給与増加が有用ではないか。
"星野リゾートの星野佳路社長「休日が集中する日本では観光業は100日の黒字で、残る265日が赤字だ」と主張"/
今春、人材不足で 横並び打破し生産性向上:日本経済新聞 ーー 人事異動や採用だけでなく通勤なども含めて、時期の分散を進めることが、日本経済の供給面の無駄を省き、生産性向上につながりそうです。
需給を反映した価格設定にするしかない。そして、人事異動も極端に四月一日にしないように。でも子供の学校に合わせようとすると、三月に引っ越さないといけないし。難しいね。
増加した宅配需要に人が取られて、春の新生活に向けた引っ越しサービスが十分に提供出来ない可能性がある。
→業者は価格上げるしかないよな。それで職場も学校も入学入社時期を本気で調整し始めるかと。
高くても払うだろうから、それでも受けられないって状況にならないと変わらないかもなあ。「休日が集中する日本では観光業は100日の黒字で、残る265日が赤字だ」って、ほんとねー
8時07分の川崎は7.9℃。繁忙期の対応で、夜中とか早朝などに引っ越す人も出てきたりして…。
転勤という制度がなくなりそう / (日本経済新聞)
企業としては4月からの新年度で新体制したいため、異動は4月に集中してしまいますが、引っ越し業者のことを考えると、企業も分散を考えざるを得ないのかもしれませんね。
ランチ時間の飲食店もしかり。まぁ、物も人も運べないってことですよね。
そう言えばあれほど毎日のようにやってた日通の上戸彩のCM、最近全く見ないな…
以上

記事本文: 引っ越し「難民」大量発生? 今春、人材不足で 横並び打破し生産性向上 :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース