TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 配当、最高の12...

配当、最高の12.8兆円 配分比率3割横並び 余る資金活用課題 :日本経済新聞

21コメント 登録日時:2017-12-08 05:38 | 日本経済新聞キャッシュ

 好業績を裏づけに上場企業の配当が増えている。2017年度の配当総額は前年度比7%増の12兆8000億円と最高を更新する見通しだ。だが純利益に対する配当の比率を示す配当性向(総合2面きょうのことば)は...

Twitterのコメント(21)

余る資金活用課題 |日経新聞の一面トップ。景気のいい世界はいつも、どこか遠くにある。80年代でもそうだった。
企業の成長のステージに応じて、配当政策は変えるべき(この考え方がなさすぎる)。いい加減、横並び意識は止めて欲しい。堂々と成長に投資するから無配当だけど、キャピタルゲインで利益を享受できるでしょと主...
株主への配当と、従業員への給与や報酬は、また違うもんなあ。
内部留保をため込むより配当を増やした方が世に金が回るだけまし
むっちゃ課税できる宝の山があるじゃないの。
法人税なんて下げてもなんの意味もないということだな。:
欧米と日本企業で配当の考え方が違うんだなぁ〜〜
うむ、業績と給与等待遇になんの関係もないことがますます明らかになったな。頑張ってもなんの意味もないんだから、労働者は可能な限りサボろう。 /
設備投資やM&Aに資金を活用したり、そうでなければ利益の全額を配当で株主に配分したりしてメリハリを利かせている。日本企業が横並びで採用する配分比率は、そのどちらでもない中途半端な配当政策
法人税上げたら良いんじゃまいか(・ω・)
これで好景気と言ってるならやはり格差が広がってるだけでしょ。全く実感ないよ
配分比率3割横並び:3割横並びとか理解できない
あまり配当出しすぎてもそれはそれでよくない気もするが。
"東証1部上場の主要500社の配当性向は平均31%にとどまり、欧州の主要600社(62%)や米国の主要500社(39%)よりも低い。"
配当なのか、投資なのか、賃上げなのか。好業績の企業は、何らかの形でおカネを世の中に回してほしいものです ーー
「個々の企業が自らの成長段階に応じて最適な配当水準を判断することが、企業価値の増大につながる」という判断をできる経営者がどれほどいるか。
気になるニュースは何ですか?に日経で答える   一面
投資か分配か。日本企業はどっちつかずの横並びの配当を脱し、余る資金の最適な使い道を探る局面に来ている。
  余る資金活用課題:朝刊1面から
いや本当に配当って各社の戦略によるはずだから、日本企業がほぼ3割っておかしい。
人件費にまわす財源はある筈なんですけれど、横並び意識と労組が弱すぎる?
以上

記事本文: 配当、最高の12.8兆円 配分比率3割横並び 余る資金活用課題 :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース