TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > (このNEWS)...

(このNEWS)給与総額、10ヵ月ぶりに減少 働き方改革で残業減、懐直撃 :日本経済新聞

23コメント 登録日時:2017-05-13 07:39 | 日本経済新聞キャッシュ

厚生労働省が9日に発表した3月の毎月勤労統計調査(速報値)で、1人あたりの名目賃金にあたる現金給与総額が10カ月ぶりに前年同月を下回った。企業などが長時間労働を見直した影響が大きいとみられる。働き方改革は家計の懐を寒くするのか。消費にはどう響くのだろうか。 1人あたり給与総額(従業員5人以上)は27万7512円と0.4%減少した。内訳は基本給などの所定内給与が0.1%減、残業代にあたる所定...

Twitterのコメント(23)

ホワイトカラーでまだ残業代とかやってんのかよ
これはアベの陰謀だから野党は国民をもっと残業させるような政策を打ち出すべき(棒) >
基本給などの所定内給与が0.1%減、残業代にあたる所定外給与が1.7%減
はて、残業は昨年に比べたら圧倒的に増えているんだが
これでプレミアムなんとかとか誰が賛同するのかね
働き方改革もいいけど、働かせ方改革はまだですか? /
物価もジワリ上昇してるし、これじゃ消費が増えん。したがって経済成長も期待できん。GDP成長率で1%いけばいい方
残業代込みで家計を設計してた人は今後厳しそう。副業解禁になってもほとんどの人はそんなに稼げないだろうし。/このNEWS
残業代が減って自由な時間が増えた時に人が何をするのか興味深いところだ。/景気がどうなるのかも含めて。 /
働き方改革が消費に与える影響についての記事。確かにデータ上、3月の残業自体は減少しているが、実は一般労働者とパートで分けてみると、一般労働者の残業時間はむしろ増えていることに注意↓
政府様に労働時間を決めてもらったカエルたちの哀れな末路😑/罰則付きの残業上限規制を19年度にも導入する政府の方針もあり、残業を減らす流れは今後も強まるだろう/
働き方改革だ!とか言って、帰る時間早くなっても、何したらいいかが分からないから、結局だらだら呑む日本人たち(笑)って、感じなのかな?
「残業代にあたる所定外給与が1.7%減。残業時間は11.2時間と0.3%減」これって残業時間はちょっと減っただけなのに残業代が大きく減ったってことじゃないの?これが「働き方改革」の本当の意味?/給与総額、10ヵ月ぶりに減少:日経
正社員の有効求人倍率は1を超えておらず
残業減る→時間余って金使う→貯金出来ない>【このNEWS】
残業時間の減少→給与(残業代)の減少→買わなくなる→売れなくなる→給与の減少→買わなくなる…ってなるとマズい。残業時間を減らすなら時間給も見直す必要がある。生産性を上げるのが残業減少の目的。なら成果給で生産性が高い人に報いるべき。
残業が減ると、消費は減るのか増えるのか、という興味深い論点に関する記事です --
働き方改革で残業減による給与減。生産性向上して企業利益向上に寄与しているのであれば、給与水準をあげるべき。
残業を減らすのは良いが、常態的に残業している人にとっては基本給がそのままで残業が減るだけでは総収入減になる。
働き方改革➡︎収入減➡︎景気悪化➡︎リストラ
とか、成ったら…なんだったの?になるかもなぁ〜
(このNEWS)給与総額、10ヵ月ぶりに減少、働き方改革で残業減、懐直撃〜〜残業時間は通年でみると2015年、16年と2年連続減少。16年は国内総生産(GDP)のプラス成長が続いたにもかかわらず、残業が減った。
実額減るわなー
働き方改革で残業減:日経 「働き方改革で労働時間が減り、余暇増えて消費が活性化する」。こんなマヤカシを信じる方がおかしい。「労働時間減少⇒給与減⇒買い控え⇒デフレのさらなる深刻化」と誰でもが思う!!!
以上

記事本文: (このNEWS)給与総額、10ヵ月ぶりに減少 働き方改革で残業減、懐直撃 :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース