TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 医療費抑制に新た...
12コメント

欧米では政策の制度設計はエビデンス(科学的根拠)に基づくべきだとの考え方が浸透している。政策立案の段階で十分なエビデンスが存在しない場合には、経済学の理論に基づき綿密に制度を設計して、導入後に実際のデータを用いた政策評価をする。そしてエビデンスを集め、それを基に制度に変更を加えていくのが一般的だ。米国の医療保険制度改革法(オバマケア)でもこうしたプロセス...


Twitterのコメント(12)

一考に値する、特に人頭払い方式。地域の患者が来れば来るほど医者が損をするシステム、って言うのは思い付きもしなかったがなるほどその手があったか、という感じ
欧米でのエビデンスをもとにした医療制度の設計についてと、そこからの日本の制度への示唆。 /
"医療機関の利益率(医業利益率)は1~4%と既に低く、包括払い額の設定額が低すぎれば経営破綻を招く。医療機関が経営を維持できるように十分な金額に設定することが肝要だ" /
今の医学部は医療経済を学ばないので、こういうお話をぜひ聞きたいとものすごく思うのです。

 :日本経済新聞
医療費支出を抑える手段として期待できるのは包括支払制度ということになるのでしょう。副作用である診療の差し控えを防ぐ手段をどこまで講じることができるかですね。 /
"日本でもエビデンスに基づかない医療サービスは保険適用対象から外すべきだ。エビデンスのない医療サービスは医療費の無駄だけでなく副作用などのデメリットもある。" おまじないにお金を使う意味。
「医療費=P×Q」
Pは医療サービスの単価、Qは消費される医療サービスの量
日本の医療は「低いPと高いQ」の状況
津川先生@yusuke_tsugawa による日経の経済教室。医療費の問題について頭が整理されます。
 :日本経済新聞
なんでもコストはかかっとるっちゅう事やな。
「「薄利多売」で収支を合わせるという日本の医療機関の現在の状況が形成」
医療費抑制に新たな視点(下)科学的根拠に基づく改革を: 日本経済新聞
医療経済学で最も基本的な数式は「医療費=P×Q」だ。Pは医療サービスの単価、Qは消費される医療サービスの量を意味する。
デンマークで息子を指定かかりつけ医に連れて行ったら、もう少し悪化したら血液検査をしようということでした。 :日本経済新聞
以上

記事本文: 医療費抑制に新たな視点(下)科学的根拠に基づく改革を 出来高払いでの管理限界 津川友介・ハーバード大学研究員 :日本経済新聞

関連記事

41コメント 2013-09-06 10:24 - jp.reuters.com

[ソウル/東京 6日 ロイター] - 韓国は、福島第1原子力発電所の汚染水漏れ問題への懸念から、福島県を含む8県からの水産物輸入を全面禁止することを決めた。9日から実施する。日本のその他地域から輸入される水産物に対する検査も強化する。 韓国は現在、これら8県からの水産物50品目に限り、輸入を禁止している。 首相官邸のスポークスマンは6日、「福島原発から流出している大量の汚染水に対する世論の...[続きを読む

画像で見る主要ニュース