TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > TPP、米抜きで...

TPP、米抜きでも変えず 関税や通商ルール 日本、10カ国と調整へ :日本経済新聞

14コメント 登録日時:2017-04-21 04:46 | 日本経済新聞キャッシュ

政府は米国が離脱した環太平洋経済連携協定(TPP)について、米国以外の10カ国と現行の枠組みを維持する方向で調整に入る。米国抜きの協定を作り直す必要があるが、日本側は関税や通商ルールなどすでに合意した中身は変えない方針。米国のTPP離脱(総合2面きょうのことば)を機に内容見直しを求める国もあるため、5月から11カ国での合意へ向け説得を始める。 政府は11カ国が5月2~3日にカナダで開く首席交渉官...

Twitterのコメント(14)

「日本は電子商取引(EC)や知的財産の保護など(中略)が日本や域内全体の成長につながるとみる。企業がグローバルに活動しやすい環境を提供している面もあり」
米国離脱で塩漬TPP
各国の思惑浮上
オーストラリアやカナダが中身変えたいって言ってるなら考え用だけど、これだけ現状維持に傾いてるなら、他の5ヶ国の説得はそんなに大変ではなさそう。ペルーとチリは中国の何がほしいんだろう。
アメリカ抜きか。どうなることやら
本日の日経新聞一面トップ記事。
知財の部分だけは変えるべき。ミッキーマウスの代弁者はもういない。
>TPP、米抜きでも変えず
■TPP、米抜きでも変えず
・日本は当初、米国抜きのTPPに難色を示していたが、11カ国で枠組み維持に転換
・電子商取引や知的財産の保護など、1TPP交渉で作ったルールが日本や域内全体の成長につながるとみる
ニュースの頻度も増えていって徐々に注目集まってくるだろう!

もちろんその時主役の一つになる!
JFLA
それよりTPP抜きの自由貿易を🙂/
今日の朝刊1面トップです
TPP、米抜きでも変えず   :日本経済新聞
普通内容は練り直しでしょ。経産省の面目のために進める訳じゃないよね。/
日経:TPP、米抜きでも変えず 

1980年代末の日米経済摩擦の時代と異なるのは、日本がアメリカの圧力に応じる形ではなく、「主体的に」国際的な政策調整を行っている点。これ自体は大きな変化だ。
TPP、米抜きでも変えず   :日本経済新聞
以上

記事本文: TPP、米抜きでも変えず 関税や通商ルール 日本、10カ国と調整へ :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース