TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 三井物産が新制度...

三井物産が新制度 社内ベンチャー、社員本人が出資 :日本経済新聞

23コメント 登録日時:2017-04-20 06:53 | 日本経済新聞キャッシュ

三井物産は従業員本人が出資する社内ベンチャー制度を導入する。社内でアイデアを募集、成長性や事業性を判断した上で本人と三井物産が出資して新会社を立ち上げる。2018年1月にも1社目を設立し、法務や財務面で支援をし、3年で軌道に乗せることをめざす。起業意欲のある従業員を活用しつつ、出資を義務付けて経営能力を持つ人材を育成する。 入社7年目以降の従業員から起業アイデアを受け付ける。すでに募集を始めてお…...

Twitterのコメント(23)

こういう制度がある会社いいなぁ。いろいろ突っ込みどころはあるけど、こういうのが当たり前の世界になるといいと思う。 /
いいなこれ。自分も出資しないといけないのがいい。 /
これめちゃくちゃ良いですね!新卒の際はあっさり1次面接で落ちてしまったけど、今なら新卒若手で受かるかもしれないw欲しい人材像が変わってきている予感。
ネット企業じゃなく三井物産なのがすごい。こういう文化が普通になるといいんだけど。 -
エクイティ持ったまま退職できるのだろうか
成功しIPOしたら成功報酬20%。失敗したらまた本社に戻れるならトライできる価値があります。 / (日本経済新聞)
これいい制度!
社内ベンチャー企業に投資するというより、起業家精神を持つ社員を育むという狙いの制度ではないでしょうかね。 / (日本経済新聞)
三井物産は従業員本人が出資する社内ベンチャー制度を導入するとのことです。会社が成長性や事業性を判断した上で、本人と会社の双方が出資して新会社を立ち上げる仕組みだそうです。入社7年目以降の従業員か対象ということです。
これいいなあ。
本当にやりたいアイデアなら7年もいないでしょう、その社員が三井と手を組む理由がない。中途で入ってすぐに新規事業やらせてくれるとこなんて結構ある。最悪クラファンも視野に入れる。7年は勿体無い。どんだ...
こういった縛りが非常にもったいない。全く本質的じゃない「入社7年目以降の従業員から」>
物産からすれば良いアイデアと人材を使って儲けたいんだろうけど、「最低でも三井物産が34%以上を持つ資本構成とする。」では従業員にとっては中途半端な制度に映るのでは。
三井物産は従業員本人が出資する社内ベンチャー制度を導入する。社内でアイデアを募集、成長性や事業性を判断した上で本人と三井物産が出資して新会社を立ち上げる。
社内でアイデアを募集、成長性や事業性を判断した上で本人と三井物産が出資する。2018年1月にも1社目を設立し、法務や財務面で支援をし、3年で軌道に乗せることをめざす。
シード段階で拒否権与える程度までエクイティ渡してしまう代わりに、経営者は出向者として身分保障される、物産ブランドを、レバレッジして起業できるというのは美味しい話。これは手を挙げる人多いでしょうね。...
こうでないと、商社は。
サラリーマンからの起業のススメ

・社内でアイデアを募集、成長性や事業性を判断した上で本人と三井物産が出資して新会社を立ち上げる
・起業意欲のある従業員を活用しつつ、出資を義務付けて経営能力を持つ人材を育成する
「従業員本人が出資する社内ベンチャー制度を導入」
今日の朝刊企業面から
「入社7年目以降の従業員から起業アイデアを受け付け」??:
以上

記事本文: 三井物産が新制度 社内ベンチャー、社員本人が出資 :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース