TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > 三菱UFJの住宅...

三菱UFJの住宅ローン契約、マイナンバーで可能に  :日本経済新聞

13コメント 登録日時:2017-03-21 06:03 | 日本経済新聞キャッシュ

三菱東京UFJ銀行は4月から、住宅ローンの新規契約で、署名や実印の代わりに税と社会保障の共通番号(マイナンバー)を使えるようにする。マイナンバーカードを読み取る装置を使えば、自宅のパソコンで契約を完了、書類提出や対面手続きの手間を省ける。銀行がマイナンバーを金融取引に使うのは初めて。 新たに始める「住宅ローン契約電子化システム」には、三菱東京UFJ銀のほか、三菱地所レジデンス、東急リバブル、凸版…...

Twitterのコメント(13)

いろいろ苦労ンが減りそうだな /
すごいいい。
三菱UFJの住宅ローン契約、マイナンバーで可能に
三菱UFJの住宅ローン契約、マイナンバーで可能に

>住宅ローンの新規契約で、署名や実印の代わりに税と社会保障の共通番号(マイナンバー)を
>ローンの契約に必要な源泉徴収票や住民税の決定通知書はスマートフォンによる撮影

・書類提出や対面手続きの手間を省ける。銀行がマイナンバーを金融取引に使うのは初めて
・書面での契約に必要だった印紙税もいらなくなる
「書面での契約に必要だった印紙税もいらなくなる」との記述。実印にしても印紙税にしても、従来、必要性があまり理解できませんでした --
銀行が無償提供
へー凄いね。
印紙税が高いからそれを省けるのは素晴らしい
三菱UFJの住宅ローン契約、マイナンバーで可能に:日経 「印紙が不要」なのは魅力。それにしても「実印・銀行印の意義・必要性」に改めて首を傾げる。
マイナンバーカードを読み取る装置を使えば、自宅のパソコンで契約を完了/それができる人間がほとんどいないでしょ。 /
契約書、印鑑主義からの脱却は素晴らしい。またも三菱が先頭。他のメガバンクはどうした!
押印書類の削減は大賛成。
以上

記事本文: 三菱UFJの住宅ローン契約、マイナンバーで可能に  :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース