TOP > ニュース総合 > 日本経済新聞 > iPSから血小板...

iPSから血小板量産 国内16社、来年にも治験 献血頼らず輸血 :日本経済新聞

26コメント 登録日時:2017-08-07 05:36 | 日本経済新聞キャッシュ

製薬・化学関連の国内企業16社は体のあらゆる部分になることができる万能細胞「iPS細胞」を使い、血液の成分である血小板を量産する技術を世界で初めて確立した。これまでは献血に頼っていた。大学発ベンチャーのメガカリオン(京都市)の事業に大塚製薬グループやシスメックスなどが協力した。来年にも臨床試験(治験)を始め2020年の承認を目指す。… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると...

Twitterのコメント(26)

献血いらんくなるんやーすげーすげー!
@Harbowl_2011 @ta_echo 肉とカリフォルニアワイン、あとポテト等も補給した上で再チャレンジしてみるのはどうでしょう🙂。
そのうち献血も不要になるかもしれませんね。
献血要らずてすごいな。人造血液か…
医学の進歩って驚きですねぇ…私は血小板の量が多いらしく成分献血を依頼されますが、承認までは頑張らないとな(´∇`)
来年出るかもしれないから後読み
いいね、ピュアな血小板は補充療法向きだよね。でも、寿命どうなんだろう通常と一緒だとしたら2週間?すぎたらまた病院ってこと?そうなると微妙か?
輸血用の血小板製剤の有効期間は採血後わずか4日だし、トロンボポエチン受容体作動薬はバカ高いし。これには期待したいですね。‥ 献血頼らず輸血
献血なくなるかね、これで
献血に頼らない輸血が可能に。
■ 献血頼らず輸血
・大学発ベンチャーに大塚製薬グループやシスメックスなどが協力。来年にも臨床試験を始め20年の承認を目指す
・血小板は現在は全て献血でまかなっているが、人口減などにより将来的に不足する懸念がある
気になるニュースは何ですか?日経で答える   1面
これはすごい。
すごい。早くも血液生成に繋がった。iPS細胞がわかってから確実に医療の核心スピードは上がってると思う。
大学発ベンチャーのメガカリオン(京都市)の事業に大塚製薬グループやシスメックスなどが協力した。
製薬・化学関連の国内企業16社は体のあらゆる部分になることができる万能細胞「iPS細胞」を使い、血液の成分である血小板を量産する技術を世界で初めて確立した。
iPSから血小板量産 : 日本経済新聞 10年後には日赤が血小板のみの献血を停止しているか、はたまた献血事業自体が成り立たなくなっているやもしれない
すごいねぇ。ところで利害関係やたら多いが、利益配分どうするんだろ?(´・ω・`)
献血に頼らず輸血ができるようになるほか、製造コストだけでなく、無菌化により2週間ほど保存できることで保管コストも安くなります
:日本経済新聞 朝刊1面トップです
製薬・化学関連の国内企業16社はiPS細胞を使い、血小板を量産する技術を世界で初めて確立。大学発ベンチャーのメガカリオンの事業に大塚製薬グループやシスメックスなどが協力した。来年にも臨床試験(治験)を始め2020年の承認を目指す。
これはすごいんじゃないか!?
血小板は現在は全て献血でまかなっているが、人口減などにより将来的に不足する懸念がある。iPS細胞で血小板が大量生産できるようになれば、献血に頼らず輸血ができるようになる。
これはすごい。
IPS細胞はあります( ´∀`)大塚かぁ
あと16茶かぁ
以上

記事本文: iPSから血小板量産 国内16社、来年にも治験 献血頼らず輸血 :日本経済新聞

関連記事

画像で見る主要ニュース