TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[サッカー] > 伯母に篠ひろ子、...
18コメント

サッカーに多方面から切り込む企画「サッカー ザツガク」セカンドキャリア編の後編は、Jリーグで10季プレーした俳優青山隼(じゅん=29)を紹介します。 青山はU-20(20歳以下)日本代表として、07年のU-20W杯(カナダ)に出場した。香川、内田、槙野らと「調子乗り世代」の一員として、闘争心あふれる不動のイケメンボランチとして世界舞台に立った。きまじめで繊細。当時を思い返し「僕は調子乗りの方ではな...


Twitterのコメント(18)

え?篠ひろ子と親戚ってことは、以前同じ職場だった美人ちゃんとも親戚・・・・>
青山なつかしす…まだ27かぁ…頑張って
「7月」という中途半端な時期に引退したから「何か、やらかしたのか?」なんて思ってたんやが、こういうコトだったのねwこのヒト、乾と同時期に同じようにレンタルでウチに来て…当初の評価は彼の方が上だったのよねぇ~世の中分からんモンでw
元ヴォルティスのボランチでした。
真面目で礼儀正しい良い子。
青ちゃんはほんとにいい人‼頑張って欲しいなぁ。
名古屋グランパスを芸能界へ、広めて♪→
俳優さんになるんだ
イケメンですもんね
深夜リアルタイムで試合見てた身としては驚き。
日刊スポーツ見てください!ニッカンコムにも載っています^_^
高校時代から身近に見ていた彼だからこそ、頑張ってほしい。「相棒」は写真だけだったがね。
あおじゅん俳優だったんですか
あー『ギフト』の回に出てたよね?
叔母に篠ひろ子、香川とU20W杯の青山隼は俳優に  芸能界の競争は激しくアルバイトは続けている。「選手の時も、監督の求めるプレーを意識していた」。監督らが求める演技で応えながら、のし上がっていく覚悟
以上

記事本文: 伯母に篠ひろ子、香川とU20W杯の青山隼は俳優に - サッカー : 日刊スポーツ

関連記事

47コメント 2014-02-10 13:59 - blog.esuteru.com

香川 照之(かがわ てるゆき、本名同じ、1965年12月7日 - )は、日本の俳優。 歌舞伎役者でもあり、名跡「市川中車」の当代、九代目 市川中車(くだいめ いちかわ ちゅうしゃ)を名乗る。屋号は澤瀉屋。定紋は大割牡丹、替紋は片羽車。 コムスシフトを経て、ロータス・ルーツ所属。東京大学文学部卒業。 1989年、NHK大河ドラマ『春日局』で俳優デビューし、小早川秀秋を演じた。初期の代表作はオリジ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース