TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[サッカー] > 中村俊輔、苦渋の...
28コメント

横浜MF中村俊輔(38)が磐田に移籍することが8日、両クラブから発表された。背番号は「10」で、関係者によると契約期間は2年だという。中村はこの日、横浜市内で取材対応した。黒のスーツで姿を見せた中村は「マリノスのサポーターの方の前で報告したかった。タイミングが合わなかった。申し訳ないし心残り」とした上で、「サッカーは楽しんだり練習したことを試合に出して、うまくいかなかったことを見直して次の試合まで...


Twitterのコメント(28)

俊輔が繰り返す「これは違う」「それは違う」の具体的な内容が知りたいんだけどな…。
お騒がせのマリノスバズーカでした!申し訳ないが解体した方がよい。>
リーダーシップってきっとこういうことなんだろうか
中村選手を支持します。
時々報じられる、アスリートの子供のような発言、大人の世界が嫌になって説明に困って「純粋にボール追っかけたい」とか言うのかもしれない。組織とアスリートに共通ボキャブラリがないのかもね
磐田での活躍期待 します。
本当に好きなんだろね。
黒のスーツに黒のネクタイでなんだか喪服に見えてしまったよ。
あまり詳しくないからアレだけれど
マツさんといいマリノスはベテランの処遇が…上手くないのかな…
_
: 日刊スポーツ
っっっっべーーーーーーー
プロ社長は挨拶ができないことを除けば実はいい人なのかも(笑)
…新天地でも頑張って欲しいねぇ…(´;ω;`)
このレベルの選手でも親会社があって方針もあるからやりたいことをやれてるわけではないんだな。その環境をジュビロのフロントと作っていけるのかな?頑張れ俊輔
リアルに降格あるぐらいの空中分解を感じる。
学も出ていったら終わり。
こんなに悲しい移籍劇、あっただろうか?思いつかない。
この写真の俊輔をみれば、手放しで喜べないのかな・・・でも、ジュビロにいる間はジュビロの選手。しっかりとサポートします!
根は深そうですね。
シティーグループの経営理念ってなんなんだろう。
だいぶ溝は大きいようで・・・
ベンチの意図と彼のプレースタイルが合ってなかったのは事実。彼はやはり古典的なゲームメーカーとして、前でプレーしたいんだと思う。ただ磐田でそのポジションがあるかはわからんが。
マリノスの闇深そうw/
「シティー・フットボール・グループと資本提携を結び」これが元凶か…/
まじか!楽しみすぎる!
マリノスの本拠地が横浜の一等地のクラブハウスから河川敷になったもんな。高校生よりひどい環境。体のケアできない環境ではベテランは残ってくれない。
甘い→「これは違う、と言ったことが変わらなかったりしたら、その繰り返しは何なのかと。毎日、それが違うんじゃないか…と。そんなことは普通、ないこと。それに対応しきれなくなって」=
中村俊輔選手が苦しんでるなんて全然知らなかった。
これからも選手としてボール追い続けてください。どこまでも応援行くよ
サッカーは移籍が多いなぁとあらためて実感
偉大な選手でもそのチームで終わる事はないんですね
…この人、キャプテン向きじゃないからなー…嫌になったんだろうなー…(;´Д`)
以上

記事本文: 中村俊輔、苦渋の移籍「純粋にボール追っ掛けたい」 - J1 : 日刊スポーツ

関連記事

36コメント 2013-01-12 20:54 - blog.livedoor.jp

小林至「馬原の移籍は職員一同、衝撃を受けた。苦渋の決断だった」2013/1/1220:46ソフトバンクホークス|コメント(96) Tweet 復活目指していたが・・・ ホークス馬原投手、オリックスへ福岡ソフトバンクホークスの守護神、馬原孝浩投手が、オリックスバファローズに移籍することが決まりました。ホークスの小林至部長は1月12日、ヤフー...[続きを読む

画像で見る主要ニュース