TOP > ニュース総合 > 日刊スポーツ > ドーナツ食べるな...

ドーナツ食べるな!オランダ人コーチの意識改革結実 - スピード : 日刊スポーツ

50コメント 登録日時:2018-02-22 09:35 | 日刊スポーツキャッシュ

 日本女子が前回覇者オランダとの決勝を2分53秒89の五輪新記録で制し、悲願の金メダルを獲得した。 オランダのプロコーチだったヨハン・デビット氏(38)が、低… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

Twitterのコメント(50)

外から風を入れないとなかなか変われない、というのはどこも似たような風景だなぁ。
血糖値の急激な上昇は「あふぉー!!まんす」は上昇するがパフォーマンスは上がらんしね。たまに食べる程度がいいんじゃない。
#チーム ヨハン
#ヨハンコーチ
#オランダ
"予算を理由に拒否されても、「自分はそういうコーチだ。それを言うのが自分の仕事だ」と簡単には引き下がらなかった" 一番重要なところよね /
ジェフも去年食事の記事が出ていたけど、つまり日本がまだそういうレベルのところが多いということか…
日本に足りないと感じたのは、戦う意識とフィジカルの強さ。「殻を破れ」と意識改革を求め続けた
日本チームはコーチもええのんつけてたんやな
ズデンコ・ベルデニックとフロントの事を思い出した。
やっぱり外圧がないと変わらない国なんだな。
アスリートは三太郎禁止 (´・ω・`)
スピードスケート日本女子とオランダン人コーチ
中学生の部活みたいな話をされる集まりからの脱却、大変だったと思います。
普段の意識と行動、大切です。
ラグビー好きの多くが、この記事でエディ・ジョーンズ前日本代表HCを思い出しただろうね~。

バズや…まさにバズ。
見出し、それじゃない。女子の体脂肪目標20%だもん。
選手よりも、連盟に意識改革させたのが凄いんじゃ?
空気読まずにこういうこと言えるのが外国人コーチ招聘のメリットか。"連盟にも変化を求めた。遠征時の乗り継ぎ時間の無駄を指摘し、トレーナーも増やすよう要望した。" /
「もの作りなんとか」とは関係がないみたいだな。
良いコーチが選手を変える。→
予算を理由に拒否されても、「自分はそういうコーチだ。それを言うのが自分の仕事だ」 /
" 宿舎で差し入れのドーナツを食べている選手を見つけると、「金メダルを取るつもりはないのか」と顔を真っ赤にして怒った" /
ラーメンには触れていない!
ドーナツ食べる方も差し入れる方も意識が低い。
ラグビーにしろ日本人がいかに管理されることで力を発揮するかがわかる('_')
ドーナツ禁止😱 でもまあアスリートにドーナツは悪だね。体脂肪20って意外と高いなぁ。
時代はやはり管理型の指導になっている気がする。
精神論がダメなのではなく、なんの根拠もないのがダメかと。この場合は合理的な指導だったのでしょう。
母体の保護などもあって女性は本能的にエネルギーを取り、リミットを設けて自分を護ろうとする。それこそ女子が男子よりも鍛えるのが大変な理由。
だからスポーツで活躍する女性は、普通の女性とは全く別格の存在かもしれない。
勝つってことはそういうこと。-
まぁ、色々な意味で勝利に純粋な人でないとできないわな。
やはりスピードスケートはオランダが進んでるんだ。
小平奈緒も2年留学でトップになった。
邦人指導者にも限界はあるんだから、どの種目も行き詰まったら異邦人指導者を招聘すればいい
このコーチの「サラメシ」見てから我が家ではスケート試合で「ヨハン」を探すようになったよ。
"だが、ひるむことなく、日本スケート連盟にも変化を求めた。遠征時の乗り継ぎ時間の無駄を指摘し、トレーナーも増やすよう要望した。" /
((´;ω;`)ブワッ
>男子は体脂肪率9〜10%を目指させた
ハリルの要求よりはるかに厳しいけど、体脂肪率についてケチつけてたヤツ早くこっちにもケチつけろや。特にスポーツ新聞ははよやれや。
これは厳しい・・・美味しいのに。
しがらみなく改革って日本人コーチじゃ無理なんだな。。。ニッサンのゴーン前社長みたいな話。。。
日本のスポーツジャーナリズムや、学校の部活動でよくある「厳しい練習があったから成果が出た」というのは間違いで、「意味のある厳しさこそが成果を出す」ってことなんだよね、きっと。
ドーナツ食べるな!オランダ人コーチの意識改革結実(日刊スポーツ)
真剣にやるってこういうことなんだな。
わんおもエスナイデル路線は正しいと自信を持ってほしい
ドーナツ食べるな!オランダ人コーチの意識改革結実(日刊スポーツ)

食事、睡眠の管理は、当たり前でしょうに。以前はやってなかったのかよ。
結果が出始めると本当に意識も変わる。
それまで導かなければいけない指導者という仕事は本当に大変だわ。。。
涙出そうないい話や:D
l

日本のコーチに必要なのは、『オーバーアクション』だと思う。
修造のようにできれば、選手も自然に言うこときくようになるかと。
一方スピードスケートは /
戦う上で一定の規律や管理はどうしても必要になる。
権藤横浜、ボビーロッテ。管理野球が否定されるような時期もあったけど、結局、隆盛は長く続かなかった。
原巨人も伊原ヘッドがいる頃が一番強かったと思う。
こういうのを見ると、全てではないんだろうけど、外圧でしか変われないのかとチョット思ってしまうよねぇ
それに比べてエディジョーンズを切ったラグビー協会の愚劣さ。
昨日食べてしまった🍩・・
メダリスト、いろいろ頑張ってるんだなぁ。
以上

記事本文: ドーナツ食べるな!オランダ人コーチの意識改革結実 - スピード : 日刊スポーツ

関連記事

画像で見る主要ニュース