TOP > エンタメ > 日刊スポーツ[芸能] > 高橋克実、鈴木砂...

高橋克実、鈴木砂羽パワハラ疑惑の“仕組み”を解説 - 芸能 : 日刊スポーツ

21コメント 登録日時:2017-09-13 15:54 | 日刊スポーツ[芸能]キャッシュ

 女優鈴木砂羽(44)が女優2人に土下座をさせたなどとされる騒動を受け、俳優の高橋克実(56)が「土下座に見えると思う」と舞台稽古の仕組みについて語った。 1… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

Twitterのコメント(21)

高橋さんとカンニングさんの言う通りに思う。この業界、仕事がくる事がどれほどすごい事か。人気者になるってホントに選ばれた人だけだよね。
高木美保も、同じようなこと言ってたな~。
稽古は、何も置かない床に座るからそう見えるんじゃないかって。
竹山さんのコメントは本当にわかりやすい。実際にそうだもんね。
(どちらの言い分が正しいかは別にして…、)「人格否定から始まる」のが普通とは…。やっぱり演劇の世界って、普通じゃないw
「この仕事はやりたい人が手を挙げてやる仕事です」
ほんとだよなぁ。なんでもかんでも弱き者の肩をもつ風潮ほんとおかしい。
高橋克実の言うことにすごく納得した
やりたい人が手を挙げてやる仕事。別に無理やりやってくれっていう仕事ではない -
竹山の意見はおかしいぞ。
普通じゃない芸能界だから、我慢してやれとしか聞こえない。
お前バカか。
だからこそくそ芸能界の改革が必要なんじゃないか?
個人的には、鈴木砂羽氏が
事前に聞いていたはずの女優二人の取材に関して「取材のせいで稽古時間が無駄になった」とキレたことだなぁ。
これは「業界の慣習」とやらは関係ないでしょ。
「この仕事はやりたい人が手を挙げてやる仕事です。」
このワード好きだわ、ホントこれ。
>この仕事はやりたい人が手を挙げてやる仕事です。別に無理やりやってくれっていう仕事じゃない
ウンコマン 良いこと言うじゃん
この一件、竹山のコメントに尽きる。

: 日刊スポーツ
舞台や芸能に、パワハラとか持ち込んでる時点で終わりやね。じゃあ芸能界なんか来んなっちゅーの。ちやほやされてきたんでしょ、どうせ。この世界での我慢が足りんわ。演出家より。
スタッフさんに恵まれない現場なんていくらでもある。一回乗ったら絶対に降りちゃだめだよ。。
こんな自分達の世界が世間とは感覚が違う
こんな言い訳が通用したら企業もウチは他と感覚が違うと言ってブラック企業が単純する
🤷‍♂️🤷‍♂️🤷‍♂️🤷‍♂️🤷‍♂️🤷‍♂️🤷‍♂️
アウトでしょ。いろいろ。
まさかの牧野美千子!
鈴木砂羽の人柄だろうけど擁護する派が圧倒的に多そうだね。///
こういう「芸能界は特別だから~」みたいな擁護する人たち一生、芸能界特有の奴隷契約とかに振り回されてほしい。
☆いや、降板した女優さんだって、そんなのは百も承知でしょ?初めての舞台じゃないんだから☆
☆通し稽古の日に仕事を入れた事務所のミスの件でしょ?☆
以上

記事本文: 高橋克実、鈴木砂羽パワハラ疑惑の“仕組み”を解説 - 芸能 : 日刊スポーツ

関連記事

画像で見る主要ニュース