TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[格闘技] > 稀勢の里、朝青龍...
57コメント

<誕生 横綱稀勢の里17:歴代担当記者が語る> 初優勝の瞬間、稀勢の里はNHKのカメラに背を向けていた。泣いているのか? 顔が映らないまま、背中だけの映像が流れる。中継が終わる午後6時まで時間はない。終了寸前、右目から糸を引くように涙が流れた。生中継の魅力も重なる感動の涙だった。 8年半前のモンゴル巡業でも、稀勢の里は泣いた。公式の夕食会で力士全員が酒を酌み交わし、大いに盛り上がった。当時小結の2...


Twitterのコメント(57)

私はこの記事が大好きだ。力士は民族で相撲はしていない。身体でぶつかり合った中。国対国の戦いではないのだ。品位ある観戦をしましょう!
稀勢の里が朝青龍に泣きながら寄りかかって「横綱、オレ情けないっす、ホント弱いっす、ダメっす」と言っていた話。これはちょっと意外だったね。^^「お前は強いぞ。これから日本人はお前が引っ張らなきゃいけないんだ、頑張れ」と朝青龍。いい話だ。
横綱朝青龍に稀勢の里が泣きながら寄り掛かり「横綱、オレ情けないっす、ホント弱いっす、ダメっす」
朝青龍も肩を抱きながら「いいか、お前は強いぞ。これから日本人はお前が引っ張らなきゃいけないんだ、頑張れ」
稀勢の里、朝青龍の胸で泣いた夜……ここから始まる、BL妄想。
悪いのは武藤敬司[Share]
朝青龍の肩抱いて泣いてる稀勢の里の写真に「?!?!」となったけどお酒入ってたのかwこんな時代もあったんだねw朝青龍の返しも優しくて好きだ😊
困惑気味のショーリューの肩で泣くキセノンw 泣き上戸なんだ。ドルジに絡んだんだ。やっぱ稀勢の里いいわあ
そんなことがあったとはw
祝賀会続きの稽古不足が心配だが春場所は13勝確保して👍👍👍
うはは、ほんとに朝青龍が困った顔しとる、ただ、胸じゃなくて肩だけど、→
ドルジ様(∩´∀`∩)
「これには朝青龍も困った表情で防戦一方。肩を抱きながら「いいか、お前は強いぞ。これから日本人はお前が引っ張らなきゃいけないんだ、頑張れ」と言葉をかけていた。」
最後の一文、笑っていいトコだよね?
ドルジは若い頃のキセノンにも同じように励ましてたしな
現役時代は極悪なほど強かったが、ドルジは良い人なんやで!
話と写真のインパクト!!
こんなホモは嫌だ
弱いと泣きつつ金星2つ。いい記事
どっちも良い男だよね。
あぁ朝青龍の相撲がみたい…
可愛かった頃もあったんスね。
このエピソードは知らんかった。

こういうところにひかれるよね(^_^)
稀勢の里、横綱になってから良いエピソードいっぱい語られてるな。
いいねー(´ω`)
BLっぽい/(^o^)\
面倒見のいい先輩であるのは間違いない
一部の層向けっぽいタイトルにまんまと釣られた…ベロベロの若キセに絡まれて困っちゃうドルジさんかわいい
ヤバい このツーショット。

涙の数だけ強くなってきたんだね。稀勢の里の涙はいつもどこか尊いものを感じずにはいられない。
@Asashoryu 朝様、この時のこと覚えてますか?
いい話。ドルジ…(´;ω;`)
朝青龍をヒールにしたのはメディアの誘導だね。ツイッターなどもたまにみるけど、愛に溢れたいい男だよ。なに、この記事。彼の株があがるばっかじゃない。
ドルジはヒール役買って出てたが、内輪では良い先輩なのよね・・・(´•ω•`)
タイトルがアレだが、横綱に感想を訊いてみたい。◇
「弱いっす」と言ってたみたいだが、型のなかった当時の彼はまだ弱かった。
今は、少なくとも日本人最強の力士である。
タイトルといい内容といい、ものすごくBLっぽいですね…。
いかがわしい記事ではありません。
たしか最初にグッときたのは朝青龍戦です
ドルジはいい奴‼️
いい話しやなぁ!
なんだかんだ朝青龍って、
強かったし、フトコロも深かったんだろうな。
ドルジーー😭😭😭
涙を流すのは負けん気が強い証拠だよぉ。
ホモ展開かと思ったわ。
「いいか、お前は強いぞ」「うっうっ」
 。・゚・(ノД`)・゚・。
普段 寡黙な人が深酒をした時に絞り出す言葉は間違いなく本心。
情けない=強くなりたい!だろう
横綱 朝青龍に2勝して見せた向上心!
想像ができない一面があるんですね。
ますます魅力的な人物です。
タイトルもあれだが内容がまた…→
泣きながら寄り掛かり「横綱、オレ情けないっす、ホント弱いっす、ダメっす」
ひょっとして泣き上戸?・・(´ー`)
ネタニュースかと思ったらご丁寧に写真まであって腹抱えて笑った
ドルジ…すき…(´;ω;`)
こんなことがあったのか…!
以上

記事本文: 稀勢の里、朝青龍の胸で泣いた夜/連載 - 大相撲 : 日刊スポーツ

関連記事

53コメント 2017-01-22 10:47 - www.nikkansports.com

大関稀勢の里(30=田子ノ浦)が涙の初優勝を果たした。平幕逸ノ城を寄り切って1敗を死守。結びの一番でただ1人2敗だった横綱白鵬が平幕貴ノ岩に敗れて決まった。 稀勢の里は、これまで幾度となく悔し涙を流してきた。その中で、本場所の相撲で泣いたのは03年夏場所が初めてかもしれない。三段目で7戦全勝しながら、決定戦で敗れた。その帰り。花道で人知れず涙した。 その姿を目撃して、慰めた人物がいた。誰あろう、当...[続きを読む

画像で見る主要ニュース