TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[野球] > 工藤監督涙の日本...

工藤監督涙の日本一「苦しかった」内川とお立ち台 - プロ野球 : 日刊スポーツ

13コメント 登録日時:2017-11-05 00:19 | 日刊スポーツ[野球]キャッシュ

 日本一に輝いたソフトバンク工藤公康監督(54)が、球史に新たな記録を刻んだ。 監督では自身2年ぶり2度目の日本一。選手時代の11度(西武8、ダイエー1、巨人… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。...

Twitterのコメント(13)

王者を最後まで追いつめて最後負けるのが良いなと思ってたので、1試合少ないけど満足な最後だった。
工藤監督、涙の日本一「苦しかった」(日刊スポーツ)
工藤監督の長期政権を希望します。やっぱりカリスマ性がある。
ミス多すぎ。レベルの低いシリーズ。MVPはどう考えても6戦まで引っ張ったDeNAの濱口投手だろう。→
お見事!ていうか多すぎます >> 選手時代の11度 //
DeNAの奮闘でかなり盛り上がったんやない?
第一戦から第三戦まで観ていて、余裕があるの分かっていたからね!😁
ファンを熱狂させるのが得意だな!SB!
ホークスファンの皆さん、日本一おめでとうございます⚾
ソフトバンク工藤監督、涙の日本一「苦しかった」(日刊スポーツ)
いやー、ベイスターズの勢いが凄くてハラハラした。これだけやるんだから来年のベイスターズは怖いな。
DeNAファンとして、19年ぶりの日本シリーズが終わりました。それでも、工藤監督に「苦しかった」と言わせるまでにDeNAは強くなりました。DeNAは僕にとっていつも良い影響を与えてくれました。来年も応援したい!
がこんなに素晴らしいチームだと知らなかった。ほんとに素晴らしい試合を観れて幸せです。
ソフトバンク工藤監督、涙の日本一「苦しかった」(日刊スポーツ)
以上

記事本文: 工藤監督涙の日本一「苦しかった」内川とお立ち台 - プロ野球 : 日刊スポーツ

関連記事

画像で見る主要ニュース