TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[野球] > 中日まさかの屈辱...
18コメント

中日が歴史的な屈辱を受けた。 10-0からの逆転負け。10点差をはね返されたのは球団初で、プロ野球タイ記録。しかも2試合連続の延長10回サヨナラ負けだった。 8-9のシーソーゲームだった前夜以上の衝撃だった。打撃陣が今季初の2桁得点。5回までに10点を奪った。先発大野も快調に6回まで無失点。 2-10で迎えた8回にバレンティンに2ランを浴び、さらに四球を出したところでベンチは大野をあきらめて継投策...


Twitterのコメント(18)

プロ野球史上4回目だって!やったね!
さらに大逆転後のサヨナラホームラン負けは初なんだって!やったね!!!
中日ファンの自分はこれに慣れてます。こういうことがあると中日らしくて愛着が増す。これを無我の境地と言う。
なんか大須で🍺酔いどれている間に凄いこと😂が起こっていたのね😓
中日新聞が安倍首相の答弁で、疑惑がさらに深まると失態のように書いてました。自分たちはそれを上回るような【大失態の中日】を、完全な事実として演じました。さすが中日新聞、暑さで身体がだるい朝に、スカッと爽やかな記事を提供。
せっかくのお写真、傘だそうと、うしろむいちゃってたwww
借金も気づけば11。岩瀬はMVP取った6月と大違いだし、福谷は自信を無くしているのかな。又吉はやっぱり先発がいい。選手の能力自体は元々高いのに、それを潰している監督・コーチ陣は入れ替えが必要だ。
最下位のヤクルトに連夜のサヨナラ負け・・打てば打たれる悪循環・・ピッチャー継投策の失策じゃないかな?でも去年より見ていて面白い、応援するぜドラゴンズ!
正直こういう継投失敗の逆転劇は他球団がやっていて高みの見物をしていたけど、まさか中日で起こるとは…。投手に関しては登録人数も少ないし同じ人ばっかり投げてるし、本格的な夏を前に既に末期の状態だと思う。監督が投手出身でなぜこうなる…
今年はいろいろあるな|д゚)
教の中日新聞でも金で奪ったファミマを褒め上げるような記事書いてるから、ずっと最下位かも。地元愛、地元支援の欠片もないから。ファミマは出てけ。ユニーや東海銀行とか返せ。(笑)
中日まさかの屈辱、6回10点差からのサヨナラ負け(日刊スポーツ) 昔、小松が広島に8点ひっくり返された事があった。中日は何点リードしていても安心できないダメチームだ。昔から。心が弱すぎる!中日ファンが悪いのかなあ?
勝ちを確信し帰宅、ラジオを切った多くのドラファンが誤報、誤植と思ったでしょうね。
ドラゴンズの夜明けは遠い。
ちうにちファン自称してて昨日の負け方されたら正気でいられる方が無理。もう身売りしろよ(本日2度目)
ポツンと立つつばみ🐧
個人的な今季ワーストの試合。悪夢見そう・・・。
以上

記事本文: 中日まさかの屈辱、6回10点差からのサヨナラ負け - 野球 : 日刊スポーツ

関連記事

43コメント 2017-07-26 22:10 - www.nikkansports.com

ヤクルトが歴史的な勝利を収めた。プロ野球タイ記録の10点差逆転勝ち。しかもサヨナラで試合を決めた。 先発星が崩れて5回までに0-10と敗戦ムードだったが、7回に代打中村が2ラン。8回にはバレンティンの2ランに始まり打者一巡。2点差まで迫り、山田の適時打で追いついた。 試合は延長に入り、10回に大松のサヨナラ弾で決着がついた。 10点差逆転勝ちは、1949年(昭24)10月2日に大陽が大映戦、51年...[続きを読む

画像で見る主要ニュース