TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[野球] > 日本ハム大田 サ...
16コメント

新天地で野球人生をかける男の一打で最下位脱出だ。日本ハム大田泰示外野手(26)がロッテ5回戦(札幌ドーム)でプロ初のサヨナラ打を放った。9回無死満塁、ロッテ守護神益田から中前に運んだ。昨オフ、巨人から交換トレードで日本ハムへ移籍した。お立ち台では開口一番で「幸せですね…はい」と笑顔。大仕事を果たして、チームを6カードぶりの勝ち越し、そして4月6日以来の5位に浮上させた。 びしょぬれになった「ハッピ...


Twitterのコメント(16)

栗山監督は若手を我慢強く使うのが偉い。
結果を出さなきゃというプレッシャーか。今の中日と似ているかも。
「父は『ノビノビとプレーしてほしい』と願った」の一文に、ファイターズのチームカラーへの期待が垣間見えますね♪
大田君が大活躍することが僕の願い!!
プレッシャーとの戦いで8年か 物凄くプレッシャーに強いのではないか?
トレードに出したジャイアンツに感謝と言っているところが器が大きい~
野球に限らずスポーツってハートが大事ってことだよな。いくら球が速くても足が早くても遠くに飛ばせても試合で発揮できないと意味ないからなぁ。→
そこはどうだろう。
怪我して沈んでたのは自己責任だろ。
違いと言うなら、崖っぷちを目視した結果だろ。
来年、また調子に乗って沈むタイプに見えるぞ?

: 日刊スポーツ
頑張れ同い年組Σb( `・ω・´)
例え代打出せるメンツがいても、大田はそのまま打席立ってたと思うぞ
サンキュー大田、フォーエバー泰示
で、結局違いは何なん?
泰示ちゃんも慎吾もそれぞれ立場を変えてスクスクしよんしゃあけんよかね?ね?
劇的な一打も、今までなら打てなかったかもしれない。「代打も出されず、以前との違いも感じたし、自信も付く」。たくましく、生まれ変わりつつあった。

チームを最下位から脱出させた。上位浮上へ、挫折を知る男の強さが、カギになる。
お立ち台での挨拶がちょっとホロリとした…(´;ω;`)
「代打も出されず」っての大きいのかもなぁ。同じ巨人出身の矢野が代打の切り札としていたから替えられてもおかしくないのに出してもらえたのはでかそう
【朗報】男大田泰示、ファイターズに全部ささげる。
以上

記事本文: 日本ハム大田 サヨナラ打生んだ「巨人との違い」 - 野球 : 日刊スポーツ

関連記事

22コメント 2012-06-09 18:12 - www.sanspo.com

 (セ・パ交流戦、巨人4x-3西武、最終戦、巨人3勝1敗、9日、東京ドーム)巨人は村田が移籍後初のサヨナラ打を放ち、勝負を決めた。今季初登板の先発・東野は5回2失点で勝ち負けは付かず。抑えの西村はセーブに失敗したものの、今季初勝利を挙げた。  巨人先発の東野は一回、西武・中村に2ランを浴び先制を許す。その後は尻上がりに調子を上げ追加点を許さず、5回を投げ2失点だった。  打線は先制...[続きを読む

画像で見る主要ニュース