TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[野球] > 西武福倉健太郎が...
10コメント

たとえ7点の大差がついていても、まごうことなき「夢の対決」だった。2日ソフトバンク戦の5回裏1死一塁。西武3番手の福倉健太郎投手(25)は、川崎を打席に迎え、ある感慨にふけっていた。 「同じプロ、同じ土俵で対戦できるとは。ずっと夢に見ていましたけど、本当にこの日が来るなんて」。 初球はスライダー。やや力が入ったのか、引っ掛かって川崎の足元にワンバウンドした。2ボール、1ストライクからの4球目、今度...


Twitterのコメント(10)

うーん。我が子も同じ道だったんだけどなぁ。
イイ話しですね。
やっぱり一流選手の野球教室は必要や
福倉こないだはお疲れさま、疲れるまでは良かったから次もがんばって
今なら先発狙えるし頑張ってほしいね
ええ話や(現実逃避中)
土肥ちゃん!
ええ話や…
福倉、頑張れ!もっと期待するぞ!
ホントに投げ切ってくれてありがとう
以上

記事本文: 西武福倉健太郎が川崎との「夢の対決」実現に感動 - 野球 : 日刊スポーツ

関連記事

29コメント 2016-04-13 16:40 - www.nikkansports.com

大相撲春巡業は13日、川崎市で行われ、J1川崎FのFW大久保嘉人(33)がサプライズ出演した。 川崎市の特産品を贈呈する際に、チームカラーの水色を基調とした特注の化粧まわしを締めて登場。「スパッツを履いたらと言われたけど、せっかくなので」と、笑顔で美尻を披露した。会場のファンたちからも「嘉人~!」と声援が飛ぶ人気ぶりで、贈呈後には横綱白鵬(31=宮城野)との「夢の対決」も実現。2番を取り、いずれも...[続きを読む

画像で見る主要ニュース