TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[野球] > 広島緒方監督が初...
12コメント

広島緒方孝市監督(48)が就任初の退場処分を食らった。7回2死一、二塁で小窪が放った遊撃へのゴロを巡り、アウトと判定した一塁・山路審判に詰め寄った。暴言で、就任初の退場となった。タイミングは微妙だった。 6回の田中の遊撃へのゴロを巡っても抗議。2度目の微妙な判定を巡り、堪忍袋の緒が切れた。顔面を近づけて激しくつめより、退場を言い渡された。高ヘッドコーチを代行として、試合が再開された。...


Twitterのコメント(12)

そして通常は一塁塁審は翌日の試合の球審…つまり今日の球審は山路…… >
横浜DeNA、誤審で勝利!
不名誉な勝利だが勝利は勝利だ(w
広島かわいそす・・・
----
これはどうみてもセーフ...( ・_・;)
人間誰しも間違えはあるけど、こんな素人でも分かるようなミスはちょっと.
どんな監督でもありゃ怒るわ。あれを大袈裟なアクションで自信満々にアウト!って、審判失格やな。
その2つのシーン見たけど、素人目でも誤審とはっきりわかるレベルでドン引きですよ
@Red_flash0619 今日は監督の抗議も実らず完敗でしたね…

あとは中日に頑張ってもらうしかですね。
たまにはいい、広島を舐めたらアカンで‼‼‼
うーん。敵ながら、緒方が退場になるとは。そんな人じゃないのにねぇ。(´;ω;`)
2回も誤審やられたらしゃーない
緒方は仕事してる。苦笑いしてるのは仕事じゃない。審判と仲良くするんじゃない。選手を守るんだろう。真中。
#広島カープ #緒方監督
以上

記事本文: 広島緒方監督が初退場!2度猛抗議、一塁審判へ暴言 - 野球 : 日刊スポーツ

関連記事

23コメント 2017-04-20 14:38 - www.nikkansports.com

プロ野球の熊崎勝彦コミッショナー(75)は20日、19日の広島-DeNA2回戦で、審判員への暴言で退場処分を受けた広島緒方孝市監督(48)に、厳重注意と制裁金10万円を科した。 緒方監督は、DeNA戦の7回2死一、二塁から、遊撃へのゴロで一塁へヘッドスライディングした小窪がアウトと判定されたことで、叫びながらベンチを飛び出し、一塁の山路審判に詰め寄った 6回1死でも、田中の三遊間の当たりを同様にア...[続きを読む

画像で見る主要ニュース