TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[野球] > 日本ハム大谷は左...
14コメント

日本ハム大谷翔平投手(22)が8日、大阪市内の病院でMRIによる診察を受け、左大腿(だいたい)二頭筋肉離れ2度と診断された。球団が発表した。 大谷はこの日、オリックス戦で「3番DH」で先発。1回の第1打席で三塁ゴロを放ち走塁した際に負傷し、途中交代していた。以前から右足首にも痛みを抱えており、打者として試合に出場していた。試合復帰までは4週間程度を要する見込み。 今後の予定は9日以降、決定する。...


Twitterのコメント(14)

二刀流、限界かな。負担がかかりすぎる。
決して無理をせず治療に専念し万全の体制で戻ってきてください

: 日刊スポーツ
二刀流だと故障も投手ローテと打順にも影響が出てチームダメージも2倍だな。
元々手術と回復で開幕に間に合わない怪我してたから3日くらいで治るでしょ?(ゲス顔
肉体改造が引き金になってるんぢゃないのかな、、😓
早く戻ってきてください
うわぁ……
ここはもう、そもそも二刀流でなければ開幕からの出場もあり得なかったと割り切るしかない(泣) →
ここにきて超人も怪我に勝てずか。なんかWBCも出れず投手も出来ずついにバッターとしても出れず。MLBでは投手に専念させられそう…。
もう完治するまで休ませよう
【プロ野球】


この際、完璧に治してから復活してほしい。
日本ハム大谷翔平は左大腿二頭筋肉離れ 

1回の第1打席で三塁ゴロを放ち走塁した際に負傷し、途中交代していた。以前から右足首にも痛みを抱えており、打者として試合に出場していた。試合復帰までは4週間程度を要する見込み。
ミートグッバイですか。 しっかり休ませとけば良かったのに。
以上

記事本文: 日本ハム大谷は左大腿二頭筋肉離れ 復帰まで4週間 - 野球 : 日刊スポーツ

関連記事

21コメント 2017-04-09 08:16 - www.nikkansports.com

右足首に不安を抱えながら出場を続けてきた日本ハム大谷翔平投手(22)が、アクシデントに見舞われた。オリックス2回戦(京セラドーム大阪)の1回、三塁ゴロに倒れた走塁の際に、左ハムストリングス(太もも裏)を痛めて途中交代した。大阪市内の病院で検査を受けた結果、左大腿(だいたい)二頭筋の肉離れと診断された。実戦復帰までは4週間を要する見込みで、今日9日に登録を抹消されることになりそう。チームも大敗で4連...[続きを読む

画像で見る主要ニュース