TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[野球] > オリックス投手陣...
12コメント

オリックスは投手陣が崩れて開幕2連敗を喫した。 先発の新外国人コークが3回途中5失点KO。7回は3番手の新外国人ヘルメンが2点を与えると、9回はダメ押しの6点を奪われた。 福良淳一監督(56)はコークについて「強い球を投げようとして、いつもより力んでいたように見えた。四球が絡むとビッグイニングになる。今日は申し訳ない。ひどい試合だった」と厳しい顔で振り返った。...


Twitterのコメント(12)

「強い球を投げようとして、いつもより力んでいたように見えた。四球が絡むとビッグイニングになる。今日は申し訳ない。ひどい試合だった」と厳しい顔で振り返った。
開幕2戦目から早くも本領発揮やったな(笑)
コークよりサターホワイトの方が美味しいと思うで> : 日刊スポーツ
継投もなかなか😂😂😂
確かに福也以外は酷かった…。
打つ方はあれだけど、投手陣は良い!って思ってましたが…
「ひどい試合」開幕2戦目のコメントとしては酷い。
あんたの采配もな😡

あんまりこういうの好きじゃないけど開幕してからこの醜態。相変わらずの他人事コメント。なんか腹立つわ。
まあそんなこと言わないで6末までなんやし頑張ってくれや
申し訳ないじゃないですよ、、、^^;
昨日に続いてオリも4打点したのに勝てない試合。
以上

記事本文: オリックス投手陣が大炎上 福良監督「ひどい試合」 - 野球 : 日刊スポーツ

関連記事

228コメント 2012-10-08 15:57 - blog.livedoor.jp

オリックス・西勇輝、小久保引退試合でノーヒットノーラン (パ・リーグ、ソフトバンク0-3オリックス、最終戦、ソフトバンク13勝9敗2分、8日、ヤフードーム)オリックス4年目の西勇輝投手が、ノーヒットノーランを達成した。今季プロ野球3人目。史上76人目(87度目)、オリックスでは1995年の佐藤義則以来、17年ぶりで、パ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース