TOP > スポーツ > 日刊スポーツ[野球] > 昨夏覇者の作新学...
13コメント

史上7校目の夏連覇を狙った作新学院が初戦で破れた。今春の選抜大会8強の盛岡大付と強力打線の前に散った。 試合は、作新学院が思わぬ形で先制した。1回表、2四死球などで1死満塁。5番七井の打席で盛岡大付のエース平松が暴投。1点が入った。 岩手県大会で全6試合2桁安打をマークした盛岡大付。2回裏に反撃する。内野安打で出塁の小林の2盗塁などで2死一、三塁とし、9番臼井が三遊間を破る。機動力も織り交ぜ、1-...


Twitterのコメント(13)

昨夏の覇者を破ったのが、両親(親戚一同)の出身地である盛岡の学校であるのは嬉しい驚きだが、何よりもの驚きは、その学校法人(大学まで含む)全体の理事長が、私の伯父であるという事。D
優勝候補撃破で自分を売る
前回優勝したチームしか味わえないプレッシャーの中、1年間本当にお疲れ様でした。心からねぎらいの言葉を贈りたいと思います。主将だけじゃなく全員で優勝旗を返還できたことで少しホッとしてしまったかな?
盛附は強い高校になりましたね。盛負なんて冷やかされてた時期は遙か昔。こうなると来年以降も益々いい選手が入学して来ますね。
マジか。盛岡絶対負けると思ってたのに
盛附ナイス!おめでとう~~
あっさり終わって話題が桐蔭のみに
盛岡大付おめでとう!
高校野球は年度が替われば新たなチーム。昨夏の覇者とはいっても、主力は入れ替わっている。過度なプレッシャーはかわいそうだよ。県大会を勝ち抜くだけでも素晴らしいじゃないか。
作新負けたんだ💦
勝ってたー。
以上

記事本文: 昨夏覇者の作新学院が初戦敗退、盛岡大付5回集中打 - 高校野球 : 日刊スポーツ

関連記事

28コメント 2015-09-01 03:45 - www3.nhk.or.jp

テニスの四大大会の最終戦、全米オープンが31日、ニューヨークで開幕し、男子シングルスで去年、準優勝の錦織圭選手が1回戦で世界41位のフランスの選手に敗れる波乱がありました。 世界ランキング4位、四大大会で自己最高の第4シードで大会に臨んだ錦織選手は1回戦で世界41位のフランスのブノワ・ペール選手と対戦しました。錦織選手はペール選手の厳しいコースを突くサーブや、鋭いバックハンドに苦しみ、第1セット...[続きを読む

画像で見る主要ニュース