TOP > 政治・経済 > 日刊工業新聞 > 社説/科学技術白...

社説/科学技術白書 若者に挑戦する意識を植え付けよう | オピニオン ニュース | 日刊工業新聞 電子版

79コメント 登録日時:2018-06-14 08:26 | 日刊工業新聞キャッシュ

文部科学省が12日に発表した科学技術白書は、第1章の「科学技術イノベーションの基盤的な力の現状・課題」の冒頭で、英国科学誌「ネイチャー」の「科学論文の国際シェアの低下など、日本の科学研究が近年失速して......

Twitterのコメント(79)

ここまでしっちゃかめっちゃかな記事は久々に見た。消極的な動機で始めた創造的な仕事が成功した試しなど無かろう。
若者に植え付ける、か。
何様なのか…
こんなん言われても日本から若者でてくだけやろ。笑
貧しい時は金を稼ぐためにがむしゃらになるだけで、研究に没頭する時間が減るのでは→「人間は一定程度、豊かになると、がむしゃらさがなくなるのかもしれない。」
「植え付けよう」という目線になってしまうのはなぜか
なにが「オピニオン」だ、と思いました。
植え付けを(以下略♂
このタイトルには、ふざんじゃねーよ、という感想しかない
「挑戦しない老害を引退させる」ことが先やで。
酷いまとめ方だなぁ。何、若者のせいにしてんの?それで意識だけは植えつけんの?何言ってんの?
"若者に現状に甘んじることなく、研究に限らず、何事にも世界にチャレンジする意識を植え付けることが重要ではないだろうか。" こんなバカなこと言ってるようでは何も変わらないだろうな。 /
「おっかしぃなぁ、まだ貧しさが足りないのか。もうちょい搾るかー」 -> "人間は一定程度、豊かになると、がむしゃらさがなくなるのかもしれない" /
挙げられている問題点を見てなぜこういう結論になるか完全に謎>「若者に現状に甘んじることなく、研究に限らず、何事にも世界にチャレンジする意識を植え付けることが重要ではないだろうか」
とりあえずこの社説を書いた人から豊かさを奪って、挑戦する意識が芽生えるか実験してみようよ。/
「人間は一定程度、豊かになると、がむしゃらさがなくなるのかもしれない」 お前は何を言っているんだ? /
この日経新聞の論説委員が途上国に行けば、周り中がむしゃらに頑張る若者だらけで幸せになるんでは。いや、行って欲しい。
ガス欠の飛行機は飛べないんだよ…
えぇ…最後の段落で台無しだよ……良い研究のためには良い研究環境づくりが欠かせないんだけどなぁ…
豊かだから挑戦しない若者という論説を書いてる方々は、若者に「チャレンジ」をしろと考えているらしい。
挑戦する意識とか、馬鹿者に言われたくはないよね!
「人間は一定程度、豊かになると、がむしゃらさがなくなるのかもしれない」
馬鹿にすんのも良い加減にせい
「人間は一定程度、豊かになると、がむしゃらさがなくなるのかもしれない。」←馬鹿ではないのか?
このように思い込みで意識の問題にするのは大学のテストやレポートでは0点です。覚えておきましょう。
事実を確認するでもなく、現場に行くでもなく、白書に書かれてあることをカビ臭い昔の経験から解釈して若者批判するのは、オピニオンとかじゃなくて妄言ではないかな。
「若者に現状に甘んじることなく、研究に限らず、何事にも世界にチャレンジする意識を植え付ける」えーと日本捨てて海外のポストにチャレンジすればよいのか
TLに流れてきたから見に行ったけど、本当に優秀で挑戦できる若者は、「早くどかないかなこの人たち」と思ってるけど、黙ってるだけなんじゃないかな(^_^;)?反対に、そんなに優秀じゃないのが、ひたすら目立とうとする。
まずはバブル組の排除から始めよう
結局言いたいのは精神論かよ"もちろん研究資金が豊富な方がよいのは当たり前だが、それだけではない。若者に現状に甘んじることなく、研究に限らず、何事にも世界にチャレンジする意識を植え付けることが重要ではないだろうか"
本気で言ってるのか言わされてるのか日刊工業新聞…。
「今どきの若いもんはハングリーさが足らん。金よりまずチャレンジ精神で何とかしろ」って、文末に「無職(73歳)」と書くのを忘れてるんじゃないか。えっ、投稿欄じゃなくて社説なの? /
「植え付ける」という表現が気に食わん。
ここまで頭おかしい記述が平気で出てくるというのは、まあもうむしろわかりやすくていいんじゃないですかね
若者とか言う前にお前がやれ
根性論で締めくくるのやめてくれ……
若者批判かよ〜〜ズレとるんじゃ〜〜
「お金がない」という問題に「豊かさに甘んじて挑戦しなくなった」と意見を述べる支離滅裂な「匿名のオピニオン」 >>
先の大戦から何も学んでないのかな。精神論では何も解決しない。大学からヒトとモノとカネと時間という資源を奪う政策を推進したんだから、当然の帰結だろう。
新聞の社説なんで、まあこんなもんでしょとも思うけど、文科省とかでこのレベルの話をしてるなら日本が滅びるのは必然。
環境を整えずに意識だけで乗り切ろうとする発想。会社の上の方にいる「老害」と呼ばれる方々と似ている /
まだこんな根性論的な発想がはびこるのか日本は。
「足りぬ足りぬは(若い奴の)気合いが足りぬ」ってか?
本当に若者はダメデスネーって言う話か、お前らが大好きな。
「精神論ですべてを解決しようとする馬鹿」の見本みたいな社説だ。/科学技術白書
若者に現状に甘んじることなく、研究に限らず、何事にも世界にチャレンジする意識を植え付けることが重要ではないだろうか。
…年寄りが先に見本見せなはれ ` エ)
根性と竹槍で、、、
まじこういう精神論で何とかしろというバカは絶滅してほしい。
「若者に現状に甘んじることなく、研究に限らず、何事にも世界にチャレンジする意識を植え付けることが重要ではないだろうか。」
精神論では競争には勝てないんですよ。→
頓珍漢な社説。工業新聞でこれかぁ… /
う~ん…そういう挑戦して、結果的に失敗しても大丈夫だよ、という社会にしておくことが大事なんちゃうん?/
酷い社説。日本の科学技術的な基盤が低くなっている現状に対して「若者に何事にもチャレンジする意識を植え付けることが重要」だとか。アホか。
書いた奴何様だよ、ぬるま湯に漬かってるのはどちらだとおもって:
今週の牟田口中将【白書は「イノベーションの根幹を担う人材の力、多様で卓越した知を生み出す学術研究や基礎研究を支える研究資金といった基盤的な力の強化が必要」と記す。もちろん研究資金が豊富な方がよいのは当た...
笑止。これだから(以下略)
なるほど、失敗したら死ねということか
植え付けようじゃねーよ。植えて育つ畑を作るのが先だ馬鹿者。それは誰の仕事だ阿呆。
根性論で乗り切れってことね
「植え付けよう」
酷い社説だなぁ。的外れ。
現状に甘んじているのだろうか…?
素晴らしい。完全に状況を読み違えた老害コラム。こーいうの書いちゃうやつがこの事実を生み出したんだろうなぁ…。
若者だけじゃなく大人もね。
豊かなアメリカや中国に負けてるのに意識の話してもしょうがないやん。成果が欲しければ金と待遇を改善ないと
この社説好きなので、文章書いた人に是非お会いしたい
は?

「もちろん研究資金が豊富な方がよいのは当たり前だが、それだけではない。若者に現状に甘んじることなく、研究に限らず、何事にも世界にチャレンジする意識を植え付けることが重要ではないだろうか」
研究に限らず挑戦する若者は研究を離れ、世界にチャレンジする若者は日本を離れるからじゃないかなぁ……。
若者が挑戦しなくなった背景を考えるべきでは・・・→
回答:重要ではない。
「白書は、問題点として「人材力」「知の基盤」「研究資金」を挙げている。」って、大元がすべて「資金」(予算)に起因してますな。/
なんで「若者に挑戦する意識を植え付けよう」となるのだろう。その前に挑戦して失敗してもペナルティを無いようにしてリスクを下げるのが非若者の責任だろうに。
とんちんかんな社説やな。若い人は+10歳くらいの世代が悲惨なのを見て退散してるんだから。役所をよいしょしてどうすんねん。
こと大学については,規模縮小中の斜陽産業で,とっくの昔にチャレンジしてまで目指したい仕事じゃなくなってる。>
会社に守られて記事書いてる人にそんなこといわれても何の説得力もないよな/
昭和かという感想しか湧かない
紙面使って「植え付けよう」って...
大丈夫か?この記事書いた方。。
>若者に現状に甘んじることなく、研究に限らず、何事にも世界にチャレンジする意識を植え付けることが重要ではないだろうか。

まあ老人にも現状に甘んじることなく、チャレンジしてもらいたいですけど
日経さんは、ここんとこ科学報道の現場の頑張りを体育会系老害が台無しにするパターンが多い気がする。/社説 科学技術白書
挑戦する意識を「植えつけ」たいなら安定したポストと金を用意しろ。
若者の挑戦する意識はありますよ。あなたが知らないだけです。
以上

記事本文: 社説/科学技術白書 若者に挑戦する意識を植え付けよう | オピニオン ニュース | 日刊工業新聞 電子版

関連記事

画像で見る主要ニュース