TOP > その他のニュース > 日刊ゲンダイ > 融和ムード拡大 ...

融和ムード拡大 ペンス副大統領が北との“無条件”対話示唆|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

10コメント 登録日時:2018-02-13 15:23 | 日刊ゲンダイキャッシュ

 平昌五輪を契機に南北朝鮮の融和ムードが高まる中、米国のトランプ政権にも「対話路線」が波及しているようだ。 米紙ワシントン・ポストは11日(現地時間)、ペンス副大統領が、非核化が進展しない段階でも北朝鮮との対話に応じる可能性を示唆したと伝えた。 平昌五輪の開会式で…...

Twitterのコメント(10)

安倍孤立
ああ、よかった。日本だけが世界から取り残されないように。嫌韓、嫌中は世界の潮流ではなく、後々の嫌日種子にならない外交を。
米・韓・朝が「対話路線」に大きく傾斜すれば、いよいよ、圧力一辺倒の安倍政権は孤立する。
*「圧力バカ」は、ただただ迷惑でしかない。
安倍のマヌケっぷりが際立つ。


《米・韓・朝が「対話路線」に大きく傾斜すれば、いよいよ、圧力一辺倒の安倍政権は孤立する。》
米・韓・朝が「対話路線」に大きく傾斜すれば、いよいよ、圧力一辺倒の安倍政権は孤立する。
「安倍の孤立明確化…」
アメリカは非核化が進んでいなくとも、北朝鮮との対話に応じるとのメッセージを発信。半島状勢で安倍は完全孤立化した形となる。
平昌五輪を契機に南北朝鮮の融和ムードが高まる中、米国のトランプ政権にも「対話路線」が波及しています。

トランプ政権に「ハシゴを外され」たらどうすんだろ。
「私は最初から対話路線だった」とでも言うのだろうか。
息をするように?
、米国がその後に続く方向で合意したという。
「米・韓・朝が「対話路線」に大きく傾斜すれば、いよいよ、圧力一辺倒の安倍政権は孤立する。」
以上

記事本文: 融和ムード拡大 ペンス副大統領が北との“無条件”対話示唆|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL