TOP > その他のニュース > 日刊ゲンダイ > ママさん激怒必至...

ママさん激怒必至…安倍政権の強引な「待機児童解消」策|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

21コメント 登録日時:2017-12-08 07:49 | 日刊ゲンダイキャッシュ

「ゼロになるとはいえない」――。先月28日の衆院予算委で、4年前に掲げた「待機児童ゼロ」方針を後退させた安倍首相。改めて、2020年度末までに32万人分の保育の「受け皿」を整備すると豪語したが、とんでもない“待機児童解消策”を打ち出すつもりだ。 なんと、自治体が独自に定め…...

Twitterのコメント(21)

自分のメンツのためなら、子どもの安全などクソくらえな安倍晋三。むしろ国基準の方が手厚くするべきだろうに。:
待機児童ゼロ対策が、子ども一人当たりの保育士数の緩和って。

保育士さんの負担増。
結果のためなら、保育の質もどうでもいいのか💢


『…幼子を抱えたママさんの反発は必至。安倍政権は、子育てする親のことなど何も分かっちゃいない。』
安倍氏に子育ての事など分かる訳がないですよ。
「自治体によっては、乳幼児の事故を防ぐために独自で厳しい基準を定めています。なのに政府はお構いなしに、緩和策を押し付け、1歳児なら『5人に1人』を『6人に1人』に緩和すれば、『待機児童を減らせる』と考えているのでしょう」(呆
保育園に落ちて、働けない世帯は育児休暇を入れるまで延長し、その期間は育児休暇給付金を
八割に、引き上げるべきだと思う。
「自治体が独自に定める"手厚い"認可保育園の保育士配備基準を、より"手薄な"国基準に緩和させる方針なのだ。せっかくつくられた良好な保育環境を自分のメンツのためにブチ壊すつもりだ」
お友達の学校の学部新設には手を貸すけど、日本の未来を背負う子供たちの保育環境は、低下させても平気ってことですね。
人気取りのために、その場しのぎの思い付きで発言するのは、もういい加減やめてください。
国より充実させている地方自治体の基準を政府が引き下げ。どれだけ後ろ向きな話、いくつかある安倍詐欺の典型。
「都内を中心に、現場の保育士さんからは『5人に1人でも人手が足りない』という声が上がっています。それを『6人に1人』に緩和すれば、混乱を招くのは必至です」
「待機児童解消出来ず何が無償化やインチキ安倍晋三!!」
庶民の苦労を知らないおぼっちゃま首相とその腰巾着取り巻き政治家たちからは メンツが優先のくだらない施策しか出てこない。期待したのが間違いだったのかも。
安倍政権は、子育てする親のことなど何も分かっちゃいない。
なぜだろう、昔から?とふと疑問に。
都心へ人が集まるのが続いてるからかな?
時系列で地域毎に保育士数と児童数を見れば何か見えそうな。
基準を緩和するな。
でもね、この「ママさん」にも作為を感じるよ
パパさんだっているでしょ?
自民党に投票した親は文句言うのかね?オノレの愚行を後悔するしかねーわな。
選挙に勝てばなんでもあり!だから投票する時はよくよく考えて投票しなくては。有権者は投票する時だけが王様であとは奴隷扱いかい! / "ママさん激怒必至…安倍政権の強引な「待機児童解消」策|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL"
子どもたちの安全安心が失われる‼️
自治体が独自に定める「手厚い」認可保育園の保育士配備基準を、より「手薄な」国基準に緩和させる方針。せっかくつくられた良好な保育環境を、安倍は自分のメンツのためにブチ壊すつもりだ。
(安倍首相は)なんと、自治体が独自に定める"手厚い"認可保育園の保育士配備基準を、より"手薄な"国基準に緩和させる方針なのだ。せっかくつくられた良好な保育環境を自分のメンツのためにブチ壊すつもりだ。
以上

記事本文: ママさん激怒必至…安倍政権の強引な「待機児童解消」策|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

関連記事

画像で見る主要ニュース