TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 安田純平氏シリア...

安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

32コメント 登録日時:2018-11-08 17:14 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(32)

ロシアによる空爆以降イドリブは壊滅的打撃を受け、武装組織が外国人人質をその地に置き続けるのが負担となり、何とか解決をしようとしているようだと、トルコ在住のウイグル人は見立てていた。
読者としては複雑な背景、そのファクト面を意識すべきだな。『安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」|ニューズウィーク日本版』
ウイグル報道は以前からシリアの問題と密接に関わっていたが、ここへきて安田純平氏の問題とも深く関係してることがわかってきてもはやなんとも
安田純平氏はシリアのウイグル人武装組織にも拷問を受けた可能性(水谷尚子、中央大学講師による)
オチの部分については「そんな組織作ろうとしただけで特高ガーとかマスコミどもが吹き上がって頓挫するだろうよ、としか、…
ウマルさんは感謝が足りない!民間の方々が救出に尽力してくれていたのか‥水谷尚子氏の記事、必読です
この記事の信憑性はわからんが、ほー。『安田氏の身柄を拘束したのは越境先のシリア側で手広く密輸などを生業とするマフィアの頭目アブ・アル・ハサンとその一味』だそうな。⇒【安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」】
涙が出た。日本人を釈放するために東トルキスタンの人たちが協力してくれたのだ。
我々はウイグル問題に無関心であってはならない。東トルキスタンは日本にとって戦友なのである。
資料:2018/11/08
安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」|
シリアでナスラフロントやISISとともにテロを行っているトルケスタン党TIPテロリストを「義勇軍」と賞賛する→水谷尚子(中国現代史研究者)
まるでドラマのような…|
安田純平氏解放の裏でこんなこともあったとは…。
かなり具体的な内容であり時系列も信用に足る内容。

しかしなぜ当事者より拘束していた組織の内情に詳しいのだろうか?
この方は中東ではなく中国の研究者でジャーナリストでもないし、現地にもあまり行かなかったらしい。
これ、スゴいテキスト。こんなんなってんだな。必読。 /
日本の現実だな〜助かったから言えるんだけど、これで良かったのかもしれない。
安易な擁護派はこれも読まないだろうな
15年8月、私は身代金を支払わない方法を模索するため、在トルコのウイグル人社会に働き掛けた。…解放までに尽力してくれたウイグル人がいたことは事実である。
こうやって発表してしまうからには、「複雑」って言葉で終わら砂ずにもう少し踏み込んでどう思ったのかはっきり書いてほしいな。そうじゃないと邪推したり排外的な見方をしたり変なのが湧くと思うんです。 / "安田純平氏シリア拘束のもう一つ…"
「中国新疆ウイグル自治区で強制収容所が大量に造られ、大勢のウイグル人が収監されるようになったこの時期、ヌスラ戦線が解体した後のトルキスタン・イスラム党内のウイグル人上層部の中に「罪なき日本人を拘束し続けてよいのか」という強い声があったとも聞いている」
民間ベースでこんな交渉が。背景が複雑だ /
<シリアでの拘束から3年4カ月ぶりの解放――交渉の背景には知られざるウイグル人の存在が>
安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」|
安田さんに関するあらゆる記事で唯一まともで興味深い記事。読み応えあり。
「人の生死に関わることを「民間ボランティア」にさせるのはあまりに酷だ。この件に関わったことについて、私は今でもそれがよかったのか、心が揺れている」;安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」|
尊敬する水谷さん、よくぞ書いてくれました!
ウイグルチャンネル 水谷尚子氏(中国現代史研究者)

解放までに尽力してくれたウイグル人がいたことは事実である。
安田純平氏と帰国後、SNS上で対話をしたが、拘束者への憎悪の気持ちを語る言葉に、私は悲しみを抱いた。
「ウイグル人組織も、もちろん一枚岩ではない。組織の中にもおそらくさまざまな意見はあっただろう。だが、解放までに尽力してくれたウイグル人がいたことは事実である。」>安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」|
非常に興味深く読んだ/安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」|
「安田氏は11月2日の記者会見でも、拘束者たちに過酷な扱いをされたことを強調した。その中に含まれるウイグル人組織も、もちろん一枚岩ではない。組織の中にもおそらくさまざまな意見はあっただろう。だが、解放までに尽力してくれたウイグル人がいたことは事実である。
さあ、中共からウイグルを救おう☆彡
ウイグル関連のニュースはどこまで本当か悩む
いつまで、「強制労働力教育施設」のウイグル人が救えらるだろう。
これは…胸が締め付けられた :
安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」……交渉の背景には知られざるウイグル人の存在が

#安田純平 #シリア #ウイグル #イスラムテロ組織 #ISIS
以上

記事本文: 安田純平氏シリア拘束のもう一つの救出劇「ウイグルチャンネル」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事