TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 【悲報】感電して...

【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けようとした犬も死んだ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

20コメント 登録日時:2018-07-06 19:20 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(20)

大切な家族が目の前で倒れたら、誰しも助けずにはいられない。犬だって同じだ。

【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けようとした犬も死んだ|ニューズウィーク日本版
なんということ。 / 【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けようとした犬も死んだ|ニューズウィーク日本版
インドの忠犬物語。その犬には名前もなかった。
かわいそうに…
名も無い野良犬、とてもとても可愛がって貰っていたんだね…
これが元
犬が良い奴すぎませんかね?
可哀想すぎるわー
つらすぎ

わんちゃん…
悲しすぎる…
もぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ(咆哮
これは凄く悲しいな(´;ω;`)

【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けようとした犬も死んだ(ニューズウィーク日本版)
泣くわこんなん。
なんという悲劇・・・・・
とても偉いワンコが、本当に気の毒なことに・・・ >
悲しすぎる
| ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイトト
犬と牛が可哀想😢

【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けようとした犬も死んだ(ニューズウィーク日本版)
【インド】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けようとした犬も死んだ

インド南部のタミルナドゥ州で、切れた電線に触れて倒れた牛を救おうとした農民が、自分も感電した。(略)ピンチの飼い主を助けようとした犬もまた、死んでしまったのだ。
以上

記事本文: 【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けようとした犬も死んだ | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事

画像で見る主要ニュース