TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 「死のない肉」ク...

「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

214コメント 登録日時:2018-02-13 20:03 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(214)

菌類の死をもって造られる「死のない肉」とか、スゲー皮肉だな。
@vegandanshi
こいうのって広まっていくべきだと思いますか?
こういうの見るとどうしてもソイレントグリーンを思い出してしまう。
「原料や生産方法はベールに包まれた部分が多い」「「結局クォーンは何からできている?」という疑問は残ったまま」世の中には知らないほうがいいこともあるんだよ
健康とかに問題がなければ、どんどん行ってくれ〜 大豆ミートってのはどうなんだろうか〜
もう普通に肉食えや…
こんな物、喰いたくない
BMネクタールかな?(すっとぼけ)
まんま視肉やん。。
孔子暗黒神話かよ
本格的にシャドウラン染みてきたな
どんだけ肉食いてえんだよ。好みじゃなくて主義なんだろ?それでも肉食いたいってどれ程の業を背負ってるんだよ。
ビーガンってノ ヽ``┼┐だよなwww
日本の精進料理を見ならえば解決するぞwww
人工肉市場がアツ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

>原料は謎
???「私は遠慮しておきます」←真っ先に思い出した
ソイレント・グリーン?
こんな得体の知れんもん、なんで食えるんや・・・
人工肉が日常にあることが普通になる日が来るのかな。
市場規模は膨大、心理的な嫌悪感が取り除かれ、プラス面が加わりはじめると一気に広がるかも。肉1枚で1日分の健康的な栄養がとれるとか、個々や目的に応じた栄養構成になっているとか。
そんなことするんなら精進料理の普及や発展に力入れた方が、文化的で洒落てるなw
30年以上昔からあるのに 日本で流通してないのが
お察し(-ω-)/
「本物の」肉の味を語る老人がすごくウザがられる時代が来そう。
そういう食糧を否定するつもりは無いけど、「作り方が不明」って怖くね?あんまり食いたくないなあ。
ビーガン VS 加工タンパク質反対派 ファイっ!!
"1985年までにイギリス政府はクォーンの販売を許可した。ただ、ここでも「結局クォーンは何からできている?」という疑問は残ったままだ" /
おいしい人工肉の成分に菌類が使われているとのこと
クォーンが何からできている?という疑問は残ったまま、一般に情報が開示されてないで米英政府は販売を許可してるんだ、、、こわ
虫由来たんぱくよりは精神的な負担は少ないかな?
物の試しに一度は食べてみたいな
(肉だったりして)1985年までにイギリス政府はクォーンの販売を許可。ただ、ここでも「結局クォーンは何からできている?」という疑問は残ったままだ/現在はフィリピンの食品会社モンド・ニッシンがブランドを所有 / "「死のない肉」ク…"
日本でベジタリンアン、ヴィーガンになるのは大変なので普及してくれないかな?
「死のない肉」…って、植物が除外されてる時点でお察し。
日本であんまり人気がないのは、豆腐があるからかも。
ちょっと食べてみたい。
ちょーたべてみたい
クォーン(人工肉)がビーガン(完全菜食主義)に人気て…

ビーガンの高尚な主義や思想について詳しくはないけれども

単純に「いや、やっぱアンタ肉食いたいんやん」って思ってしまった
ディストピア時代の第一歩が近い。。。
本物の肉が食いてえなぁ…

これがホントの謎肉ではないか説。
良いなあ。これ、早く出回って欲しい。
SFみある。試しに食べてみたいけど、普通に食べるなら本物の肉がいいよな絶対


見た限り。。。私ゎチョット。。。
だけど、味とコストだよねー。
BMネクタール---
一歩一歩未来に前進
知らなかった。大豆で作ったハンバーグは過去に電車でCM見たけど。食べてみたい。
名前がホラーだけど、ヘルシーな合成肉だねって思ったら実は真菌(カビ)の塊でやっぱり手を伸ばしづらい。>
肉の代替食品「クォーン(Quorn)」が急成長
一通り満たされた奴らの自己満足。
"30年にわたって" / -
ぜひ食って見たい…( ˘ω˘ )
「死の無い肉」クォーン 

へ~まさに未来って感じですなあ~
しかし人工肉って何で出来てるんやろな!

フェイ「いただきまーす」
シタン「私は遠慮しておきます」

…くっ、頭が…………ゼノ……ギアス………
「肉によく似た食感が好評で、ヨーロッパでは30年以上前からスーパーなどで販売され、特にビーガン(完全菜食主義者)やダイエッターの間で人気が高い」。え??
好き嫌い多いくせにこういうの食べてみたくて仕方がない。
欧米人は、自分達が他の命を奪って生きているという業から逃れたくて堪らないんですね。しかし、タピオカもパーム油もプランテーションもしくは類似の農業の産物。環境破壊と無縁と言うにはあまりに無理がある。
「死のない肉」を作るために衛生的な工場が必要で、衛生的な工場ということは死がたくさんあるわけだけど気にされないというお話/パーム油の使用にも突っ込んでる人いたよん
菜食主義でも、肉を模したものは食べたいのかな。
じいちゃんの若い頃は、天然の肉っていうのがあってなあ…。│
こんなものが作れるようになっていたんすね 21世紀って感じだ


「パーム油」…
死のない肉ねぇ。
これ来るかも。いま肉を作るためには動物を育てて屠殺しないとならんけど、屠殺しないでいいなら一定層に受け入れられるはず。肉業界壊滅するかもしれんけど。肉業界空売り、人工肉買い。
むむ、なんか食ってみたい。美味いのかな?==
カビで…でも肉らしい…どんな味なのかしら?(だから肉だって)
キノコなんだかカビなんだかよく分からないものからできた人工肉か。
アンモニア(窒素源)とブドウ糖(炭素源)をカビに与えて生合成させた蛋白質らしい。製法の原理としては「石油蛋白」と似たようなものか。
精進料理も謎肉も有する日本が、なぜこの分野でリーダーではないのか。
開発するのは悪いことではないし、いいと思う。でも私は普通の肉料理が食べたい
最近取り上げられてる。価格、味、安全性、栄養はどこまでよくなる?
やばい、「フォルカスの倫理的な死」だ...気になる方は検索してください。
まさに謎肉だな、 /

ほへー、カビのたんぱく質で肉
これはチキンジョージ。
なんでこんなに名前に不安を覚えるんやろ… /
欧米の食卓に浸透するクォーン(肉の代替食品)は、原料や生産方法はベールに包まれた部分が多い。NW日本版から。  キノコのタンパク質を発酵させた「マイコプロテイン」という。
それが何なのかわからないものは食べたくないな。動物をた殺さずたんぱく質を、というなら普通にお豆腐とかたまごとかがいいー
マルコメの大豆ミートとは違うのか。 /
個人的にはボディメイクに有効な食事なのかどうか気になりますね。 / (ニューズウィーク日本版)
原料秘密主義の大体食肉とか完全にBMネクタールやないかーい!
こうして人間が人間のエゴを押し通し自ら自然乖離し、自然から淘汰される頃には自然に回帰できないほど感覚を失っていることだろう。。
一見いい話のように見えるが原材料が不明では日本では売れないだろう。海外では大豆を加工したソイミートは知られていないのか?「『死のない肉』クォーンが急成長 人工肉市場がアツい|ニューズウィーク日本版」
でもマズいんでしょ?
"欧米の食卓に浸透するクォーンだが、その原料や生産方法はベールに包まれた部分が多い"→おい、こんなSF、かつてよく読んだぞ。 /
いずれは疑似肉の発想から進化した
新しい食材として生まれ変わるだろう


人工肉市場がアツい|

ニューズウィーク日本版
え!人工肉ってすでにあるの?1985年から英国では認可されていたの?
人工肉、日本では聞き慣れないし、あまり良いイメージが浮かばないかもですが、個人的には注目しています。
これもまた形を変えた「健康のためなら死んでもいい」よな。げに信仰とは恐ろしい /
SFマニアのみんなが待ち望んだディストピア飯だ!
でも予想に反して美味そうなのがやや残念w
本物の肉は金持ちしか食べられなくなる日が来るのかな? /

製法が謎の肉…シタン先生…
<本物を食えるのは一握りの裕福層だけって時代。来るで)
「火のない灰」じゃん
普通の食肉と違って食物繊維も豊富だから、これはありだと思う。後はGIGAZINEのレビューでもあった酸味や食感が改善されればいいね /
人工肉市場がアツい:NewsweekJapan 20180213
「死の有無≠生の有無」路線の追求がんばって。乾燥タイプのソイミートなら水戻し省いて圧力鍋で任意の味加減の煮汁にぶっ込んで煮るのが楽。
日本でも精進料理の蒲焼もどきや雁もどきとか昔からあるやん。本物の肉と比べてコストや環境負荷との天秤やね。
こんなものに手を出すなんてう゛ぃーがんさんの思想が死んでる気がするのです(=ω【みかん
「牛肉1kgを生産するのにどれだけの穀物が」的な資源、環境の面から、こういう肉もどきが主流になっていくのだろうとは思う。 /
化学物質まみれぽいのでアトピーとの関連性とか調べてほしい。 /
これはいわゆる代用肉だけど、後、一段階進んだら、培養肉が出てくるので、それを期待したい。 /
???「私は遠慮しておきます」 /
`その原料や生産方法はベールに包まれた部分が多いという`私は遠慮しておきたいやつ
安全にアマゾン実験体が生きれる時代に…
透明ミルクティーと合わせてディストピア飯したい。 /
こんなのあるんだw 豆腐ハンバーグとかイメージしたけど全然違うのね。
植物もキノコも生きているという反論は、酷過ぎる。もし自分が生まれ変わるなら、①食肉用の牛、②植物のどちらにするのかという話。死の恐怖をどの程度知覚できるか、狭い場所の苦痛、痛覚などが関与。 /
SF感ある。チキンジョージが真っ先に出てきた俺はダメ。:


いや、カビが死んどるやん。
製造方法がそこそこ謎なんや。
こういの見ると思い出すよね缶詰工場
が、急成長しています。
殺さなくて済むならいいやんと思ってしまう
人工肉を生命扱いしないあいつらなんなの?人工肉だって生きてる細胞じゃん
お?ソイレントグリーンかな??
クォーン社工場近くの浮浪者が少なくなってないか?
自然志向とは?って感じだよなあ。 /
漫画脳なので、視肉とかBMが真っ先に思い浮かぶw /
一回食べてみたいな。
これが本当なら人工肉研究不要になっちゃうじゃん -
こういうの食べて満足する菜食主義って何かモヤモヤする
@MTomotake カップヌードルの中の謎肉も謎ですが、こちらのクォーンもかなり謎なのです。
サイバーパンクの世界に近付いていく。ワクワクするな。
植物だけで死のないってどういう事?植物生きてんだけど
人工肉には賛成だが、これを食って菜食主義者を名乗られるのは違和感あるな
ここまできてたんですね→

一覧から
おいしそう。
知能だけでなく肉も「人工」に席巻される。 /
スゴイ(≧∇≦)b
今でも看板見かけるけどミミズ由来のタンパク質を人工肉の研究にあったね。牛の味に似てるって聞いたけど。さいとうたかお、サバイバルでもそういうシーンがあったと思い出した
タンパク源としてムシを食べるよりはマシか。「マイクロプロテインはカビ(真菌の一種)です」 /
初めて知った❗️日本にも流通してる❓
本物の肉がむしろ貴重品となる未来が来るのかも。 / (ニューズウィーク日本版)
まくるめさんの「フォルカスの倫理的な死」を思い出したよ

ディストピアみに溢れたフレーズが並んでいてわくわくする
命を頂いてこそが食事だからな〜あまり好きじゃないなこーゆーの。
キモ面白い。
そして食べてみたい。
ディストピア飯やんけ

食べてみたいな〜〜
ディストピアSFっぽさもある
人体への影響は大丈夫か?
へぇぇ…カビ?
健康的にどうなのだろう…
おもしろい。合成肉か〜。
でも、植物を使うのははたして死のないといって良いのだろうか。

記事本文: 「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事

画像で見る主要ニュース