TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 火星の土壌でミミ...

火星の土壌でミミズが生存・繁殖できる可能性:オランダの研究者が成功 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

16コメント 登録日時:2017-12-04 18:56 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(16)

火星に豚糞堆肥持って行かないとならんのか~ 輸送費どんだけw

と思って超ザックリ計算したら畑10aで堆肥代10億円か~
道は長いなww
「豚の排泄物のたい肥を加え、そこにルッコラの種を植えた」うえ「ルッコラが発芽した後に」ミミズを入れている。多分酸素もあるだろう。この状態では火星の土壌でミミズが生存・繁殖できるとはいえないのではないか?
興味深いね。>火星の土壌でミミズが生存・繁殖できる可能性:オランダの研究者が成功|ニューズウィーク日本版
地球の生物を持ち込むなんて、倫理的に問題でしょうに。
火星に生存している虫に食われるかもしれないけどな。
火星に生命体が一切存在しないことを証明する方法はあるんだろうか。
テラフォーマーズ案件。 / (Newsweek日本版)
火星の土壌でミミズが生存・繁殖できる可能性:オランダの研究者が成功|ニューズウィーク日本版  テラフォーマーズやな
他の星に進出してしまうんですかね。



ミミズが果たしている自然環境への貢献を考えたら、
人間は、ミミズに土下座して「キモいとか言ってごめんなさい」と謝らなければいけない。
ゴキブリじゃあ無かったかぁ
これってある意味大規模な外来種になるのかな
まぁ生態系そのものが存在しないから作り出すってことになるのか
何れにせよ火星に移住はロマン
たんぱく質と熱さましには困らない😏
平成の後は、いよいよ人類が宇宙を目指す!
| ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
「ミミズと土」という方向性は分かる。
以上

記事本文: 火星の土壌でミミズが生存・繁殖できる可能性:オランダの研究者が成功 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事

画像で見る主要ニュース