TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 「休みたいから診...

「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「うつ病休職」の告発 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

14コメント 登録日時:2017-07-16 10:28 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

<うつ病が急激に増えており社会問題化しているが、実際にはうつ病がなんらかの「理由」として使われているケースが多いと、『うつ病休職』の著者。そもそも、うつ病はストレスによって起こるものという認識も間違いだという> 『うつ病休職』(中嶋聡著、新潮新書)というタイトルだけを見ると、うつ病で悩む人のことを取材した深刻なドキュメンタリーのように...

Twitterのコメント(14)

労使問題に巻き込まれる医療という図式ですね(;・ω・)
そして職場という場の革命が不可能に映るとき、人は宿命的にその場を去ることしかできない。
| ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
収入を失って、立ち位置を悪くしてでも休みたいというのなら、条件としては十分だと思う。精神科医は文句があるのなら精神医療を科学にしてから言え>
一般的には「うつ病」で統一された意識しかないから勘違いされてると思う。
「抑うつ症状」の言葉を変えたら理解も少しはされるんじゃないかな?
こういう主観を垂れ流す奴が医者の側にもいるから鬱がいつまでたっても治らんのだろ
正直、何が言いたいのかわからない記事だった。だからどうしろっていうんだ?という疑問しかわかない。:
「ストレスは、発症のきっかけや悪化要因として関係しているにすぎません。逆に言えば、ストレスで説明がつかない点があることが、うつ病であるための条件(必要条件)なのです。」 / "「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「う…"
正社員はメンタル病めて、いいね。非正規には、メンタル病んでるヒマさえないよ。
うつかうつでないか」を見極める科学的手段は未確立。従って、診察を受けにきた人が「自分はうつ」だと主張すれば「うつ」と医師は診断せざるをえない。うつをめぐる現代の闇。
診断書は本人の希望で書くものだけど、病気の見立てのとおりに書くのが仕事とはいえ、診断書によって会社を休むのが本人の気を楽にするという効果もあるとなれば、悩みどころではあると思う。 / "「休みたいから診断書をください」--現役精…"
「「ストレスによって起こる」と因果関係をはっきり説明できるものは、うつ病ではありません。それは抑うつ反応です。」 /
これも「病弱、短命」に続く「ワクチン効果」のひとつかな?
これ読みましたけど、患者としてはあまり気分の良いものではなかった。

言いたいことはわかるのだけどね。
心の病気は治療するが心の怪我は治療しないなんてことにならんように願います。
以上

記事本文: 「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「うつ病休職」の告発 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事

画像で見る主要ニュース