TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > チップ制廃止の「...

チップ制廃止の「失敗」で揺れるアメリカの外食業界 | 冷泉彰彦 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

51コメント 登録日時:2018-05-15 20:49 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(51)

公明正大に固定給にしてしまうと、連邦と州の所得税源泉徴収に社会保険料も引かれ、「手取りが減った」/チップの現金収入を頼って生活している現場労働者は、「チップ廃止」で強い店、労働者だけが勝ち残ると懸念 / "チップ制廃止の「失敗」…"
2020年って本当にターニングポイントだよね。現状の仕組みじゃ三方善は物理的に皆無。日本同様、北米においても新たなイノベーションが求められる。
@mayokecya アメリカでチップ廃止(給与に上乗せ)の動きがあったけど失敗したらしいです( )。意外と複雑な問題なのかも。
"多くの店はこの「チップ制廃止」の結果を失敗と判断して、静かに従来のチップ制に戻りました。"[ オフィシャルサイト]
> 公明正大に固定給にしてしまうと、連邦(国)の所得税源泉徴収がされ、州の所得税源泉徴収に、さらには社会保険料も引かねばならなくなった結果
・・・チップ地下経済システム。
まあ、ずっと続いてたものを変えるのは難しいよね…
(ヽ´ω`)失敗した理由に挙げられているものが、自分にとってはだいぶ予想外だった
めんどくさいチップ制なくなればいいのに
チップ制だけどさ
昔から疑問に思ってたんだよね

あれって容易に脱税出来るでしょ
アメリカって社会は広く脱税を容認しているとも言えるんじゃないかとずっと疑問なのだ
チップで脱税・・・いいのか・・・・笑
チップ制度廃止とかアフリカの失敗国家かよ
/ 脱税の手段としてのチップなら、行政としてチップ制を地域まるごと廃止しなよ。
伝統を無くそうとしたら長い戦いの日々が必要だよ。5年10年のスパンでやらないとさ。
電子決済無理でしょ? //
米国の多くの店はチップ制廃止を失敗と判断して、静かに従来のチップ制に戻った。チップ制廃止店には人材が集まらない。冷泉彰彦さんのコラム。  「チップの平均額相当分だけ、固定給を下げていい」というチップ・クレジットの措置を止める動きも。
結局、固定給による申請で多く持ってかれて、手取りが減っちゃうんじゃぁ仕方ないね。
チップだけじゃなくて、単位も独自だし、言うてもアメリカも相当なガラパゴスではあるんだよなぁ。
所得が可視化され税負担で手取りが減るとして従業員が集まらず値上げの印象から客足も遠のいた、と。→
やはり難しいんだなぁ・・・最低賃金がチップ想定して決められてるってところまでは知らなかった。
そっか。チップ制を廃止して固定給上げると従業員は税金関係で手取りが減るのか…。 >
そうか。チップ分って納税されてないんだw日本人からするとめんどくさいからなくていいだろ、って思うんだけどね。
これ、よくよく読むと、チップ利用して脱税してない?
オフィシャルサイト
冷泉彰彦も、腰が定まらないくせに上から目線の政治外交記事書いてるよりも、こういう軽い米国事情紹介記事を書いた方がいい。
会計時にチップ代が既に書き込まれていると、書き直してしまう自分です。
確かに面倒な制度だ。
チップ制があるのがいいのか、悪いのか?だんだんわからなくなる記事だった
存在だけで海外に行く気が失せる程度の悪習。
チップくれると嬉しい。
100ドルくれると、マジ嬉しい。
でも、5ドルでも、渡されるとサービスしたなって目に見えてなんかやりがい沸く。
昔からの習慣を変えるのって、なかなか難しい
◎◎◎ 馴染みのないチップ制
嫌なら行かないがサービス業の基本 個人事業なら知らずに入ったとしてもそこで他の場所と同じサービスが受けられる根拠ない
チップを払ってもいいも思えるだけのサービスが受けられるものなのかね。アメリカ行った事ないけど🤤
給料上がったけど源泉徴収で手取りが減ったって日本のサラリーマンと同じだな
( ・᷄ὢ・᷅ ) > 公明正大に固定給にしてしまうと、連邦(国)の所得税源泉徴収がされ、州の所得税源泉徴収に、さらには社会保険料も引かねばならなくなった結果、従業員からは「手取りが減った」という不満が出たのだそうです。
ニューヨーク州の場合は、2018年の後半からは1時間15ドル(1600円相当)
これが国民生産性の差になるんだよな
チップわからん。日本にいると余計わからん。
まぁ俺はもらうことあるけどな。
文化って根強いなってのと、チップって非課税なのかっていう
チップはサービスの質に払うから合理的という話もあるけど、そもそもホワイトカラーが貰い過ぎでワーカーが低過ぎる。それを外国人観光客まで求めるのはちょっとそれはちゃうやろと思う。
なにこれ、フェイクニュースかと思ったw

たしかにチップ制は分かりづらくて戸惑うけど、こういう文化的なものも合理的にしていこうとするのは、さすがアメリカ。
チップって労働者にとっては脱税の手段だったとも取れるよーな。
超絶面倒くさいマンなので、チップ制とヤード・ポンド法という2大面倒くさいがあるアメリカには行きたいと思わない。
ややこしい
チップはマジでわからん。
案外面白い話題だった /
私はチップ制支持派です。サービス悪い店で勝手に一律でサービス料取られるより、サービスいい店員にチップ払ったほうがフェアやろ。
Newsweekjapan: チップ制廃止の「失敗」で揺れるアメリカの外食業界.
以上

記事本文: チップ制廃止の「失敗」で揺れるアメリカの外食業界 | 冷泉彰彦 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事