TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 経産省他による「...

経産省他による「ものづくり白書」はもう止めるべきではないのか? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

43コメント 登録日時:2012-06-06 11:56 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

 このレポート、アクセスはPDFなので楽ですが、本文は「昭和の写真植字」風でレトロな感じが濃厚ですし、要約の部分は粗っぽくデータやコメントを詰め込んだパワポ風で、これまた「業績不振企業の弁明会見」用のスライドにも似て不景気極まりないという印象です。  それはともかく、昨日、6月5日に発表された今回の「ものづくり白書」の...

Twitterのコメント(43)

手厳しいな。 -
ものづくり白書」これからはハードの時代ではなくソフトの時代だから、最先端のシステム設計やネットワーク関連のソフト、あるいはメカトロニクスのソフトの部分に注力してゆこう」という方針は「一言も書いていない」のです。
NewsWeekの記事。辛辣だが正しいと思える。
『「ものづくり」という言葉を使うようでは、もうダメだ』超同意 企画力がなさ過ぎるのではないかと。それ作ったら売れるのかという基本的なところに立ち返るべき
"それ以上の可能性はこの言葉からは出てこないわけです。産業再生のためには、何よりもこの「白書」を止めることから始めてはどうなのでしょうか?"
問題は未だ「高付加価値ハードウェア」が「世界標準」だという前提 。 |
書いてることが正しいかではなく、今必要なことを提言してない時点で即廃止 "@Newsweek_JAPAN: -
御意。 RT @wataru4: 「ものづくり」という言葉を使うようでは、もうダメ。この言葉が象徴しているのは、付加価値の高いソフトの部分での最先端の競争を放棄してる。 RT @yasukooue: 経産省他による「ものづくり白書」はもう
『この言葉が象徴しているのは、付加価値の高いソフトの部分で最先端の競争を放棄し、いつまでもハードにこだわってせいぜいが部品生産に細々と活路を見出すというような方向性です』だから下請け臭さが抜けないorz / "経産省他による「ものづく…"
興味深い指摘。具体策は私達一人ひとりが考えぬくべきと痛感 ☆  新潮流アメリカ]
【主張】経産省他による『ものづくり白書』は、もう止めるべきではないのか?--冷泉彰彦(作家・ジャーナリスト)
もう「ものづくり」という言葉が良くない。同感/
同意、 RT: "@Newsweek_JAPAN: 経産省他による「ものづくり白書」はもう止めるべきではないのか? -
iPhoneで見ても執筆者が本文末尾に書かれるようになっておりベネ "@Newsweek_JAPAN: -
そもそも「ものをつくっている場合なのか?」って疑問もあるからね。
: このレポート、アクセスはPDFなので楽ですが、本文は「昭和の写真植字」風でレ...
"「業績不振企業の弁明会見」用のスライドにも似て不景気極まりないという印象" 笑。
自分が気に入ったフレーズを使い回す、というかクリシェにハマった作曲家と同じ。経産省解散。/
IT業界にもしっかりと当てはまりそうだ。→
新潮流アメリカ]
「いずれにしても、この報告書でよく分かったのは「ものづくり」という言葉を使うようでは、もうダメだと言うことです」 /
― 「ものづくり」に欠けているもの。
「ものづくり」を否定する必要も無いけど、それが(少なくとも先進国である日本においての)メインストリームであるべき時代から、政策はいい加減脱却しないと。 --
これって先ほどのJapan Timesと通じるものが
この記事に全面的に賛成ではないが、重要なポイントは突いていると思う。定量的に判断できるハードウェアばかりに焦点を当てて「ものづくり」を奨励する姿は無意味だ。 /
以上

記事本文: 経産省他による「ものづくり白書」はもう止めるべきではないのか? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事

画像で見る主要ニュース