TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 英国の緊縮財政の...
22コメント

イギリス政府の緊縮財政政策に対する痛烈な批判が込められている。(C) Sixteen Tyne Limited, Why Not Productions, Wild Bunch, LesFilms du Fleuve,British Broadcasting Corporation, France 2 Cinema and TheBri...


Twitterのコメント(22)

ぜひ読んでいただきたいです。→ | ニューズウィーク
緊縮財政のリアルを描く『わたしはダニエル・ブレイク』  "彼女と子供たちのためにできるかぎりのことをしようとする。だが彼は、自分が困ったときにはなんとか自力で解決しよう懸命に努力する。そういう人間がなぜ追いつめられなければならないのか"
ケン・ローチと聞いて身を乗り出して
そして…
うーむ
緊縮財政だとドコもこんなノリになりますわねぇ・・・福祉給付削減の所謂「水際作戦」ってヤツですね・・・
自己目的化した財政健全化という病。⇒英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』|大場正明|
何故、この世界的な反緊縮の流れに日本は、いや日本のリベラルはのれないのか。 /
もうかかってるのか。見に行かないと。

英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』|大場正明|
緊縮財政のもたらす害のお話ですね。
: イギリス政府の緊縮財政政策に対する痛烈な批判が込められている。(C) Sixteen…
「自己責任」「頑張りが足りない」「甘えている」という言葉が普通の市民から出てくる日本。他人事ではないと思いながら読みました。
英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』|大場正明|
昨日観た。京都シネマ満席。
緊縮財政→福祉予算減少によって、貧困層はより貧しくなった。

なんだか、いまの日本です。🎭
待ってました!ケン・ローチ! 私も絶対見る。みんなで見よう。★英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』|大場正明|
英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』|
「この映画で浮き彫りにされるシステムは、弱者をただ冷酷に切り捨てるよりもはるかにたちが悪い。ダニエルのような実直な人間を貶め、とことん疲弊させ、尊厳を奪う」
いかん、こんな大事な映画を見損ねるとこだった。来週見よう、必ず。
>>
"審査では、個々の対象者の病状などは考慮されず、一方的な質問の答えだけで採点が行われ、就労可能かどうかが判定される"
システムではなく無能な公務員の問題だと思うね;

英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』|大
観に行かないと /
"ダニエルのような実直な人間を貶め、とことん疲弊させ、尊厳を奪う。貧しいことは罪であり、罰せられるという価値観を無理やり押しつける。働きたくてもそうできないことを、働こうとしないことと巧妙にすり替え、その責任をとらせようとする。"
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いていたのか。 >英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』|大場正明|
(by 大場正明)
――ケン・ローチが引退宣言を撤回して作り上げ、カンヌでパルムドールに輝いた
以上
掲載元: 英国の緊縮財政のリアルを描く『わたしは、ダニエル・ブレイク』 | 大場正明 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

26コメント 2011-01-05 00:30 - diamond.jp

2011年の世界経済はどの方向に向かうのか。好調なアジアとは対照的に、欧米は財政再建の圧力に押され“日本病”に陥った。スティグリッツ教授がその行方を予測した。  2010年のグローバル経済は年明け当初よりも二極化が進んだ。一方には、順調に経済成長を続けるインド、中国、東南アジア諸国といった新興市...[続きを読む

画像で見る主要ニュース