「AKB48」式アイドルが韓国アイドルより中国で人気の理由 | 日本再発見 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

15コメント 登録日時:2017-09-12 17:18 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

日本再発見ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(15)

「アニメ以外は海外では売れないと思われてきた日本のコンテンツやビジネスモデルが意外な競争力を持っている」「問題はコンテンツそのものではなく、売り方やマーケティングにある」
:

アイドル戦国時代に入ってる中国。年に200組結成とはさすが。中国だしアイドル三国時代、もしくは春秋時代か
中国でいつの間にやら始まっていた「アイドル戦国時代」。 /
ファン経済の浸透。
"「Idol School」に取材を申し入れた。同グループは2014年の成立。プロデューサーに元モーニング娘。中国人メンバーの銭琳(リンリン)を擁し、前山田健一(ヒャダイン)など日本人作曲家からの楽曲提供を受けている。"
リンリン!
「人気の中国アイドルは日本が育てた」みたいなオチになってるけど外国文化を積極的に取り込んで新しいスタイルを作るのは日本が得意だったはずなのに…
さすが、元祖コピー大国。
日本式っていうか秋元式だろ。
こういうことですね。| ニューズウィーク
実際、ビジュアルは中華圏の方が男女レベルは高いからなぁ。…まだ衣装や化粧は垢抜けないけど、そのうちKポ抜かすのも時間の問題かも…ね。
(°-° )韓国は「ロリコン」的な文化は割と忌避されるけど、中国は(日本ほどではないにせよ)受け入れられるイメージはある
搾取の構図がお金大好き民族・国家にやって来たヤーヤーヤー
「日本再発見」「AKB48」式アイドルが韓国アイドルより中国で人気の理由|高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)|
ファン経済って言葉、もっと日本でも使っていいと思う。

チップ制がなくサービス料をキッチリ徴収しないといけない状態だからアイドルビジネスが生まれた節はあるのかも

AKB48式アイドルが韓国アイドルより中国で人気の理由
以上

記事本文: 「AKB48」式アイドルが韓国アイドルより中国で人気の理由 | 日本再発見 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事

画像で見る主要ニュース