TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 中高年もスマホで...
15コメント

stockstudioX-iStock. <日本では政治家やエリートサラリーマンがガラケーを使っていても不思議ではないが、中国は違う。なぜ中国ではこれほど変化が早く、人々が新しい事物をどんどん受け入れているのだろうか> こんにちは、新宿案内人の李小牧です。 私は常に建設的な批評をするよう心がけている。日本に対しても中国に対しても、耳の痛...


Twitterのコメント(15)

未だにFAXが現役の国ではね… >
李小牧氏の中国韓国LOVEなコラムが読みたくなくてNWの年間購読を解約した。w
「なぜ、中国の変化はこれほどまでに早いのか。中国が一党独裁の政治体制であり、いまだに途上国だから…変えるべきことが無数に残っているから劇的に変化させていく、しかも政府が強い権力を持っているので強力に推進できるというわけだ」
東海道新幹線は世銀融資でたった5年余りで完成したが、今はそんな金の出どころはないというだけ。高度成長期には、日本人もどんどん新しい家電に飛びついて行った。当時スマホがあれば飛びついただろう。中国人と本質的に違うわけではない。
スマホとリニアになんの関連性が
日本では政治家やエリートサラリーマンがガラケーを使っていても不思議ではないが、中国は違う。なぜ中国ではこれほど変化が早く、人々が新しい事物をどんどん受け入れているのだろうか。
確かに中国の方がはやい
ほんと団塊世代のガラケーと電話は止めて欲しい >
| 中国のキャッシュレス事情記事が多いが、何故これほど急速に普及したかを解説してくれる良コラム。老人も含めて「利に聡い中国人」は、得になるなら変化を厭わない。
色んな意味で中国から学ぶ時が来てる。 | 李小牧(り・こまき) | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
そう思います

>>
十数年前、北京に留学していた人に街の様子を尋ねた。夏の朝、路上で段ボール一杯のアイスキャンディーを売るおじさん。箱には氷など低温を保つ様子なく、溶ける前に売りきるのだと。逞しいと思った。その人もいま、スマホで決済してるだろうか。
おいおい、リニアが実験中なのは20年どころの話じゃないだろ(笑)
"残酷に思えるかもしれないが、時代から取り残されたならば個人の責任だという意識が共有されているように感じる。" /
以上

記事本文: 中高年もスマホで支払う中国、20年間もリニア実験中の日本 | 李小牧(り・こまき) | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事

189コメント 2012-10-03 16:27 - gigazine.net

半導体メーカーのロームが京都大学、アクアフェアリーと協力し、スマートフォン向けの携帯用電源として使用できる小型、軽量、高出力の個体型水素燃料電池を開発。シート状に固形化した水素化カルシウムを使用し、体積3ccに満たない38mm四方、厚さ2ミリのシートと水から約4.5ℓ の水素を作り5Whrの電力を発生させることに成功しました。 高効率と安全性を同時に実現した軽量な固体型水素燃料電池を開発...[続きを読む

画像で見る主要ニュース