TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 暑さ対策でサマー...

暑さ対策でサマータイム導入を検討 東京五輪・パラリンピックの開催はもはや戦争の遂行と同じなのか | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

41コメント 登録日時:2018-08-09 13:40 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

欧州インサイドReportニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(41)

日本睡眠学会は「サマータイムは慣れるまでに時間がかかる。夜型人間にはつらい。睡眠時間が減る」として生体リズムや眠りの質と量への影響を指摘している。欧州議会はフィンランドの提案を受け、廃止するかどうかを決めるため、欧州連合(EU)域内で意見聴取を行っている。
イギリスは戦争のために生産性を上げようとしてサマータイムを導入しています。
って言うかすでに批判ツイートのネタが元ネタに戦時報道の記事を使うレヴェルだから戦時困窮時の総動員感覚でやってるって事は紛れもない事実だけど。
国が、2年後に完成予定の天井が低い新築家屋のために、国民の足を切断しようとしている。
東京五輪に向けて#サマータイムって? 暑さ対策で早朝競技するなら、選手や観客の健康面考慮なら、春秋にずらしたら?導入による経済効果もあるだろうが、肌感覚ではマイナス要素しかない。政府には導入利点がマイナス面を上回る説明が必要。経済効果?生命/健康? どっち?
東京五輪・パラリンピックの開催はもはや戦争の遂行と同じなのか|木村正人さん ニューズウィーク日本版 2018年08月09日
サマータイムなんて国民全部巻き込まないで大会のスケジュール調整すればいいだろが
ブラックボランティアみたいな言葉はちょっとどうかと思うけど、みんなが心配しているのは、本当に自発的参加という体が保たれるのかとか、最低限必要な人員は雇用枠が確保されているのかとかいう点でしょ…もともとお金が動くイベントなんだから…あとサマータイムはヤメロ
やめて!サマータイムだけはかんにんして!
これを読むとよくわかるが根本的に人を騙そうとする発想なのがダメ>サマータイム
フレックスを拡大導入すれば十分
酷暑対策には無効
よくぞ言ってくれました!
<国家総動員^^;ほんとにそんな感じ。オリンピック開催を否定はしませんが、色いろわかりにくいところが多すぎですよね。>
暑さ対策でサマータイム
東京五輪の開催はもはや戦争の遂行と同じなのか
戦後、石炭や電力を節約するためGHQの指示で昭和23年から導入されたが、4年後の主権回復とともに廃止された。

第一次、第二次大戦の時代は総動員で省エネを進めるためサマータイム導入は不可欠だった。
東京五輪でサマータイム導入を検討
競技開催時間は特に人気競技の場合、アメリカTV放映のゴールデンタイムに合わせていると聞く。日本だけサマータイムで実質2時間?早期開始と騒いでも通らないのでは?
@総理失格の烙印押された(鮫の脳ミソ)じっちゃんがオリンピックの実行委員の幹部になれる(自民党)が人材難の証拠。一時が万事実の開催有き😱😤
Microsoft Edge から共有:
「ブラックボランティア」「やりがい搾取」「酷暑の中でのタダ働きは電通を儲けさせるだけ」との批判が高まる中:

| ニューズウィーク
「東京オリンピック == 国家総動員法」説。
もりかいちょうやあべしゅしょうはどうしてこんなおかしなことばかりしようとするのですか?こくみんがきらいなのですか?
大体この耄碌元総理が取り仕切っていることが間違いだ。
戦後の復興を誇示する1964年の東京オリンピックと違い、今回は2020年にこの国のすべての力を注ぎ込もうとするかのような悲壮感さえ感じる。どう考えてもその先のことは考えていない。オリンピックが終わったら本当にこの国も終わっちゃうんじゃないかって心配になってくる。
戦争どうこう以前にサマータイムいらないです! 体調おかしくなるです!
西田昌司「バカか!」
政治家のジジイどもは黙れ。お前らは先が短いでエエわな。>>>
スタートだけ早くすれば、仕事の人もテレビで見ることが可能。でも、サマータイムは、それが出来ない。だから、ダメ。
夏時間。どうせやるなら徹底的にやらないとダメ。終電もお店の営業時間もタクシー深夜割増料金の適用時間帯も全部前倒しで。
俺のオリンピックを成功させるため、国家総動員体制だ~っ!!

オレ様の為に国民は犠牲をいとうな!!

と、オレ様が言っております!!
バカは引っ込め
むしろオリンピック期間中働きたくない
自主的にサマータイムしてる自分。…年のせいか、目覚めが早いしw。7:30には会社でさーっと仕事こなす。で、定時退社。外明るい。遊ぶ。有意義。
サマータイムは暑さ対策に非ず 長時間労働強化のため 暑さ対策ならオリンピック自体をやめることや

 東京五輪・パラリンピックの開催はもはや戦争の遂行と同じなのか(ニューズウィーク日本版)
オリパラの酷暑対策にサマータイム導入って意味わかんない。

競技開始時間早めれば良いだけなのに、何故サマータイムが必要なの?

サマータイムで涼しくなる訳でもなし、ややこしくなるだけ。

そもそも、開催期間を前回東京オリンピックと同じ10月10日にすればいい。
も~、森爺の機嫌取らんくても、ええのんちゃう?
いつまで日本を搔き乱すねん…(-_-#)
森喜朗会長こいつバカか~
降って湧いたサマータイム導入論は、マラソンなどの競技だけではなく、ボランティア募集にも密接に関係している。しかし東京五輪・パラリンピックを成功させるためにサマータイムを恒久的に導入するというのはどう考えても本末転倒ではないか。木村正人さんのコラム。
思い切り悔しいのは、こいつらは国民にあるタイミングで号令をかけて戦争だろうが死のボランティアだろうが無言で指示に従うように用意周到に仕組んでいる点。
サマータイム導入で健康を害するとか、育児が大変だ、とか、暑い中帰宅しなきゃいけない、とか、システム改変が大変だ、とか様々意見はあるけれど、そもそも五輪の暑さ対策を目的とするならば、手段として最適解でないよね。/
サマータイムの本場、英国から、東京五輪・パラリンピックに向け飛び出した日本のサマータイム導入論についてNewsweekに書きました。お時間が許せば是非、ご一読ください。
「地球環境の持続という大きな見地で五輪を日本のレガシーにしてほしい」
森喜朗は立派な負のレガシーになりました。
以上

記事本文: 暑さ対策でサマータイム導入を検討 東京五輪・パラリンピックの開催はもはや戦争の遂行と同じなのか | 木村正人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事