TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > 通勤時間というム...

通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は劇的に向上する | 加谷珪一 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

79コメント 登録日時:2017-10-11 13:32 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

経済ニュースの文脈を読むニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(79)

関東圏の問題を日本の問題として語るの、すきじゃないな。
神奈川県に住む人の通勤コストが年間100万円に達するという話がネットで話題となっている。
となると、「懲役刑受刑者」の働き方がいちばん理想なんだけど、生産性がな…。
冗談抜きで疲労は10倍くらい違いますよ。定期代を出すのに近場住宅補助が無いのは不公平だ!
ほんとその通り。一つ気になったのは通勤時間を無くしたからといって業務時間に割り当てることはないこと。人々は通勤時間が減ったらその分始業時間までゆっくりするはず。通勤による疲れがなくなるから仕事には良い影響出ると思う
「通勤がなければその時間を仕事に費やすことができる」って何だ。休め。休んで寝てゲームして本読んで美味しい料理を食べて。
家だと仕事しないけどね
ここ、もう一つ仮定が必要で、「近くに越したんだから残業できるね」とか言い出さない上司が必要。
これはすごい共感だなあ
2時間も電車乗っててもその中で有意義に時間を使えるとは限らないし
何より2時間だと乗ってるだけでもちょっと疲れるレベル
これさえなければ、東京はもっと住みやすい場所になるんだけど…
同感!労働者だけでなく学生にも同じ事が言える!学業とスポーツの両立のためには住居が大学内あるいは至近にあるべき。
| ニューズウィーク日本
「職住接近」が「住職接近」に見えて、通勤時間に対して何か宗教的な解決をするのかと思ってしまった。/
職場が山手線の内側に集中しすぎなんだよ。内側の交通が便利すぎるから。
近くなるとまぁ飛躍的に楽になるですね。生産性が上がったかどうかは知らねども。
世の中からなくしたいもの。朝の満員電車の殺伐とした空気。
「だがこうした改善を進めていくためには、日本の職場における独特の業務プロセスを見直す必要がある。日本企業の業務プロセスは、全員が顔を合わせて仕事をすることが大前提となっており、結果として責任の所在が不明確になっていることが多い。」
Google マイフィードから共有しました
通勤時間が今より長くなる予定です。泣きそう。 /
ほんまやで、、、
通勤時間減ってもその分家出るのが遅くなるだけでしょ
たしかに効率性無さすぎ。
2時間以上もラッシュの電車通勤はやめた方がいいと思うけど、個人的には、通勤があった方がいい。というより、その工程がないと仕事のスイッチが入らない。家とかで仕事とか絶対にやる気ないし。ある意味、通勤は仕事と家との間にある結界なのかな。
本当にそう。
もはや通勤すら必要ないですね笑
職場と住宅が隣接すると不味いことも
無駄かどうか?は本人次第。
「神奈川県民が現在の所得を得るためには、100万円の機会費用をかけなければならないという意味」
給与が高くない人が家賃安い郊外に出ているわけだし、残業なくす潮流な以上通勤時間を仕事に回すってのも難しい気がする。家族との時間増えるや無駄な疲労が減るとかなら最も。
東京の人口密度は諸外国と比較して特別に高いわけではない←そうなんだ。 /
無い話ではないが、大企業でビジネスの中核を担った事のない人の発言だ。
ここだけでは書けないくらいもっと重要な事がある。戦略と役割
そらそうだ。みんなわかってるけどやらない。都心に住むと生活コストが上がるからという意見がよくあるが、都心でもやっすい築古のリノベ物件とか買えば住居費を隣の県の賃貸料より安く抑えられる可能性ある。ぶっちゃけ調べてないだけだよ。
それが本当ならもっと多くの人が高い家賃を払っても職場の近くに住んでいるはず。通勤時間によって相対的に安い住居費ですむことからすれば、通勤で利益を得ているとも考えられる。 / "通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は劇的…"
20171012_03 大学教員定年して十年、私設研究所を主宰・活動、現在区長・民生児童委員、不動産賃貸自由業、全て自宅から徒歩5分以内圏の通勤の快適さ/往復2時間通勤/
近いうちに東京で働くかもしれないのですが、満員電車だけはなんとか回避して生活したい。
給料が高くてもコストが高すぎると効率が悪くなる って通勤時間が短いと例示してるアメリカの今の問題では・・・ / :
通勤時間は長くとも、混雑の緩和が実現すれば
本を読んだり、勉強したいという方も多いのでは。
東京の人口密度は諸外国の中心都市と比較して特別に高いわけではないとのことだけど
まさかとは思うが高尾山を東京の面積に含んでないでしょうねー
初めて就職した会社では寮に入ったんだけど、職場まで片道2時間かかって疲労とストレスは大きかった。勉強する時間も取れなかったし。
職住近接は確かに有効。だけど、異動で勤務先が変わって無効にされたことが。。。>
職住近接やリモートワークで生産性を改善したいもの /
通勤にかかるコストってほんとにムダだよなぁ。

家でできる仕事もめちゃくちゃいっぱいあるのに、それをやろうとしないのは『変わろうとしない』から。

変えようと思えば、意外と簡単に変えられる。
家賃3万円くらい高くても勤務地に近い都心に住んだ方がいいと思うんですよね。「満員電車のストレス回避」を3万円で買えるなら安い。
はやく何とかならんかね〜
「経営の責任」?会社の運営形態を多少変えることはできる。例;都市部に営業所を置き地方に製造工場を持つなどの形態を変え、営業所も製造工場に付帯させ、本社として都心に小さな事務所を持つなど、できそう。 / "通勤時間というムダをなく…"
東京で消耗してるやつですね。ブロガーはもう見飽きたくらい笑
東映
統計的に見たら生産性が上がるということも重要だけど、在宅でもできる人は在宅でした方が良いと思う。(続)
海外の感覚は知りませんが、日本人は通勤時間を短くしようみたいな発想が薄いような感じはします。
最近思うのは、休日何らかの作業する時、休憩を5回くらい入れながら1日使って作業すると結構効率がいいとい...
これには納得。だからこそ職場近くに住んでる。
働き方改革のポイントだと思う。
確かに、働き方も在宅等の様々な選択肢があれば、多様性も増すと思います!
"神奈川県に住む人の通勤コストが年間100万円に達する"という書き出し。個人的な事情では去年は神奈川から都内に通って交通費が月5万を超えていたので、それだけで年60万であった。 / "通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産…"
その通り。まったくもってその通り。勤務先から三駅いないに住む人に住宅手当を加増する企業は偉いと思う。
通勤時間がアメリカの2倍というのは驚きですが…
ほんま無駄。
片道1時間(往復2時間)かかる通勤時間が半分になるだけでも全然違いますよね。
週5時間×4週=20時間も空けば、何か新しいことも始められそう。
何を今さらわかりきった事を。 /
社内からの仕事の依頼、進捗管理を全てクラウド上で行い、連絡もチャットやSkypeで問題ないので、わざわざオフィスに行く理由が正直ない。 / 通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は劇的に向上する...
自身も実家暮らし(神奈川県)の頃の通学の苦労に耐えられず、実家を出てからは渋谷区や港区に住んでいた。
都心部に住むことのメリットは、何よりも機会損失の少なさ(ちょっとしたことですぐ都心に出れる、終...
満員電車、長時間の車での通勤はホントにしたくないですね
通学時間もバカにならない。
激しく賛成!
究極、家で働きたいよね。
家賃の話ししてるとこの「通勤時間で稼ぎ出すお金」を計算に入れてない人がいるよのよね。 /
昭和日本人の持家志向と戸建志向によって通勤圏が郊外へ際限無く広がったのが原因だろう。日本独自の私鉄文化と優れた鉄道網もそれを助長した。>
異義なーし。
通勤に片道1時間以上かかるとか、まぢ意味不明( ・ノェ・)コショッ
無くせない方負けですとさ^_^ご苦労様。言わせときゃ良いよ。人と比較する事に意味は無い。 /
子どもが高校生位になったら都心も良いんだけどね。
また、夫婦だけなら都心だな。
ただ、子どもが小さいうちは緑豊か+都市生活も楽しめる、がいいなぁ。 / 通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は劇...
大賛成【 】
確かに〜笑👍
そや、会社に住んだらええねん。
運動不足を防ぐためにも徒歩15分以内が最適 /
『通勤が短ければもっと仕事ができる』⏩時間外労働? 混んでいる電車での通勤は大変だけど、家と仕事の間の時間というのは気持ちの切り替えには意外と有効。
×ニッポンの生産性
○トーキョー・オーサカの生産性
機会費用としての通勤コスト年間100万円…日本は働き方も、住環境への考え方も転換する時にきているようだ。
→ | ニューズウィークオフィシャルサイト
通勤時間は無駄だし、企業にとっても労災リスク
以上

記事本文: 通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は劇的に向上する | 加谷珪一 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事

画像で見る主要ニュース