TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > シリアで拘束され...

シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントとして | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

14コメント 登録日時:2018-09-18 16:24 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

中東ニュースの現場からニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(14)

シリアにはいってる国境なき医師団の中に日本人女性がいます。その人が拘束されたら?あなた方は自己責任だ俺の税金がぁと騒ぐの?
まずはこの記事読んでください。
@ayanuhito これも参考にどうぞ
"パンプリエガのインタビュー記事の1つで、人質として拘束されていた時の精神状態について語っている下りがある。「精神的に最悪の状態」の記憶として、「私は自分自身のことが分からなくなった。自分がまるで4歳くらいの男の子のような気がした。"
自分もふと思い出しただけなので責められないが、なーんも報道されないなぁ。

| 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
Reading: で拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントとして|川上泰徳|ニューズウィーク日本版
パンプリエガは拘束された時、シリアの反体制地域で活動するボランティアの人命救援部隊である「民間防衛隊(ホワイトヘルメット)」について取材していたという / "シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントと…"
読みにくいと言う程では無いが断片的な情報が多く、読むのに少し手間取った。非常に興味深い内容。コーディネーターの裏切りか?それとも?---シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントとして|川上泰徳|ニューズウィーク日本版
海外に出たら信用できるのは自分だけ。当たり前のこと。
スペイン人ジャーナリストはどうやって解放されたんだろう?
Google マイフィードから共有しました
<安田純平さん拘束の1カ月後にシリアの武装組織に拘束され、10カ月後に解放されたスペイン人ジャーナリストが、「通訳兼コーディネーターに裏切られた」と語っている。その通訳とみられる人物に質してみると......>
シリアで拘束されている安田純平さんと同じ組織に拘束されて解放されたスペイン人ジャーナリストの証言から見えてきた拘束状況について書きました。
<シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントとして|川上泰徳|ニューズウィーク日本版>
| 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャル
シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言─安田純平さん事件のヒントとして
安田純平さん拘束の1カ月後にシリアの武装組織に拘束され、解放されたスペイン人ジャーナリストが「通訳兼コーディネーターに裏切られた」と語っている。その通訳とみられる人物に質した#シリア
以上

記事本文: シリアで拘束されたスペイン人元人質の証言──安田純平さん事件のヒントとして | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事