TOP > その他のニュース > NEWSポストセブン > もはや技術大国、...

もはや技術大国、中国で時速4000km高速飛行列車の研究開始│NEWSポストセブン

13コメント 登録日時:2017-09-28 02:31 | NEWSポストセブンキャッシュ

「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。...

Twitterのコメント(13)

真空リニア作るならまずは普通のリニアを自前で走らせろや。(上海のはドイツ製)
<空気抵抗のない真空チューブ内をリニアモーターカーが走る『真空リニア』>
新幹線の次、として60年代の子供が夢見たのはコレでしたっけ
まぁこんな高速列車は狭い日本ではオーバースペックですがね
■…中国で時速4000km…列車の研究開始
。日本は社員のアイデアを自社開発と言う処が駄目なのです。
アイデアは個人の物で販売実績の4割以上を出すべきです。
安全性は後回しだろうし、中の人が耐えられないのでは。
もはや技術大国、中国で時速4000km高速飛行列車の研究開始
土地開発とかでもそうだけど、人権意識が低いっていうのはこういう分野では強い。
実験で人が死んだら埋めて再開ってスピード感が違う
すごいな!日本はまだリニアも実現してないのに…
中国で開かれた展示会で宇宙開発企業「中国航天科工集団公司」が、最大時速4000キロに達する「高速飛行列車」の実現に向けた研究を始めていると発表。

これくらい大風呂敷を広げた方が夢があって良いな。日本も夢をぶち上げないとジリ貧だよ。
真空チューブ内のリニアモーターカーって前に別の外国の発表で見た記憶があるが、中国オリジナルの発想じゃないだろ。
この記事書いてる人って、まさか本気でそう思ってる訳じゃぁ…ないよね???
空飛ぶ棺桶…中国で時速4000km高速飛行列車の研究開始
真空中を走るんだから夢ではないにせよ、中国もいずれ「そんなに急いで何処へ行く」に落ち着く。
いわゆる気送管方式で、列車の機密対応、および、G対策が必須。無機物では可能だが、生物対応は、不可能と言える。
恐るべき中国の技術

『中国はすでに200以上の特許を取得し、国内外で20を超える開発研究機構との共同開発プロジェクトを進行させている。実現が難しい技術ですが、中国がこの分野のトップランナーであることは間違いないでしょう』
以上

記事本文: もはや技術大国、中国で時速4000km高速飛行列車の研究開始│NEWSポストセブン

関連記事

画像で見る主要ニュース