TOP > その他のニュース > NEWSポストセブン > 高須院長激白 父...

高須院長激白 父親にバット渡され「いじめっ子殺してこい」│NEWSポストセブン

30コメント 登録日時:2012-09-15 09:58 | NEWSポストセブンキャッシュ

“美のスペシャリスト”として知られ、芸能界から財政界、スポーツ界まで幅広い交友関係をもつ高須クリニックの高須克弥院長。ツイッターでは、趣味から流行、時事問題に至るまで、幅広いテーマをツイートし「かっちゃん」の愛称で人気者だ。当サイトのシリー “美のスペシャリスト”として知られ、芸能界から財政界、スポーツ界まで幅広い交友関係をもつ高須クリニックの高須克弥院長。ツイッターでは、趣味から流行、時事問題に...

Twitterのコメント(30)

僕の息子でも同じことしたいですね。高須先生、僕から尊敬申し上げます。素晴らしい話です。
過激だけど、よくわかる話ですな。(;^_^A
記事の中身、安保法案に一言も触れてないんですがそれは
うーん...ワイルドだぜ!?
タイトルは激しいが内容は至極真っ当。闘争心はほんと大事だよ。◆
やっぱり空手! /
60年たっても忘れられることじゃないよね。60年くらい経ってるけど、そのいじめっ子たち*いじめのことなんて忘れちゃってるんだよね*こっちにしてみれば「ひとつも良かないよ」って話だよ。
父親にバット渡され「いじめっ子殺してこい」大地主だったんだけど、戦争で負けて農地解放で全部土地を取られ 「本当に殺すつもりでやってこい。別に相手が死んでも構わない。死んだら俺が責任を取るから」有り無しで言えばアリ!続きは読んで!
やっぱいじめっこは昔のことは忘れてるかw→
「単純なことなんだけど、やっぱり強ければいじめられないんだよ。」
←「復讐心とか闘争心が強ければ、いじめにも耐えられるんだと思う。」だって。キレイゴトで「大人の気持ちで」とか「大局的に見よ」とか言う人ばかりかと思ってた。
書いてあることからすると、そうでしょうなあ…汗 抜粋→ 「懐かしいなあ、子供の頃に戻りたいなあ。あの頃は良かったなあ」なんて言ってるんだけど、こっちにしてみれば「ひとつも良かないよ」って話だよ。 / "NEWSポストセブン|高須院長激…"
親父と同じだw(ひどいいじめはなかったけど)
久しぶりだねえ。会いたかったよ」って、いじめのことなんて忘れちゃってるんだ - 「武道必修化に反対」みたいな声を聞くと、日本を弱くしてやろうっていう妙な力が働いているんじゃないか
院長も言ってるけど子供に格闘技習わせるとマジいじめなくなると思う。ボクシングが一番いいと思う。/
私も子供にはやられたらやり返せと言ってる じゃないとやられっ放しになり、大変なことになる
」 なるほどなという見解
←「いじめに屈しないためには(中略)闘争心」「武道なんて、闘争心を植えつけるにはすごくいい機会」…なにを考えているんだ?簡単に出来るなら被害者は苦しまない。
加害者の刑罰云々にやっきになるより「どうしたらいじめられなくなるか?」が大事だと思う。
いじめっ子に変な整形して、復讐したりして・・・。
いじめられたときは相手を殺したほうがいい理由。さぁ殺戮の大国にしましょう。 :
[News&Topic] 高須院長 壮絶いじめ体験告白
「いじめをこの世からなくすことはおそらく不可能だけど、対抗手段はある」っていうようなお話。力の強さ・心の強さは確かに影響する。 →
以上

記事本文: 高須院長激白 父親にバット渡され「いじめっ子殺してこい」│NEWSポストセブン

関連記事

画像で見る主要ニュース