TOP > 科学・学問 > www.nakahara-lab.net > 中途採用社員が決...

中途採用社員が決して口にしてはいけない、たったひとつの「言葉」とは何か? | 立教大学 経営学部 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する | NAKAHARA-LAB.net

11コメント 登録日時:2018-05-08 10:15 | www.nakahara-lab.netキャッシュ

立教大学 経営学部 中原淳研究室 中原 淳のブログです。経営学習・人的資源開発に関する研究知見、エッセイ、日々の日記が更新されています。...

Twitterのコメント(11)

これは、ほんとその通り。
〇〇では~、論法。視野が狭い人がなりがち。自分も気をつけないと。参照じゃなくて絶対解としてそれまでの経験を語るやつ。
この記事には違和感を感じました。
言い方やその人の人間性次第だと思うと共に、他と比べられることをなぜそこまで嫌がるのでしょうか。
また、そう感じた時点で聞き手こそが...
これ転職の場合は本当に良くない。自分も過去に言ってたと思うけど、何回も転職してるのでさすがに学習した。
くだらねえな。そもそも前の会社のやり方について口にするのがなぜ「揶揄」?
問題を全て自責で考えられるかどうかって話ですね。まあ全て自責で考えすぎても鬱になっちゃうので、バランスだとは思いますけど。
そうなんだよねぇ、、転校したときから変われないんだよねぇ、、みっともないねぇ。。
周りに流されちゃったは、言い訳にならないよねぇ。へへ。
こうばしい
わかる
>「適応できない」から、時間をもてあまして、「ではの守」的不平を言い散らかす
内容によると思うけどな。「前職では やっていた」ではなく「前職ですら やっていた」なら良いのかなw
なんのために中途採用するのかわかっていないんじゃないかな。まあ日本の会社だとそういうメンタルがあるのは否定できないけど
以上

記事本文: 中途採用社員が決して口にしてはいけない、たったひとつの「言葉」とは何か? | 立教大学 経営学部 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する | NAKAHARA-LAB.net

関連記事

画像で見る主要ニュース