「100回失敗する」ことを目標にしたら、逆に成功するようになった話 | ライフハッカー[日本版]

34コメント 登録日時:2018-06-13 22:33 | ライフハッカー日本版キャッシュ

俳優は「オーディションすべてに受かることはない」と言います。アーティストや物書きタイプ、そうでなくても仕事を探している人であれば、落とされることががあまりにも辛くて、応募するのをやめたくなる気持ちがわかるのではないでしょうか。ソーシャルメデ...

Twitterのコメント(34)

この記事は面接の話なんだけど、誰かに何かをお願いするときにも使えそう(使うとは言ってない
こういうのすごく大切だけど、だいたいつまんないプライドが邪魔してできないんだよな。
すごい。発想の転換だ。こんなこと思ったことなかった。
「断られることをゲーム的に単に数字としてとらえることで、数々の小さな挫折の痛みに対する免疫ができるのです。」 /
「失敗は成功のもと」をきちんと自分の仕組みとして運用できると良いですよね。

断られることなんて当たり前なんだから
どんどん断られていこうぜ。
発想の転換で、同じ人生でも断然軽やかになるね。
**
そういう気持ちの持ち方だよね。メモ
「断られるだろう」と行動する前から思い込んで躊躇ってしまうことから抜け出す。
びひりがちなので、目標の視点を変えてみる。

「100回断られる」ことを目標にしたら、逆に成功するようになった話
今度からこれ意識していこうと思う
私の性格にあってそうな
こういうマインドセットを持ちたい
「断られた回数」を目標にするって面白いな
ぐだぐだ御託並べる前に行動に移せっていったって、1回も移さない人いるんだよねー。
"失敗の数が足りないということは、挑戦の数も足りていないということですからね。"
断られる度に、それは自分が目標に向かっている証拠だ

断られる前提だから、全然怖くないし行動できるんや!
このマインドは大事だね。ゲームにしたい。協力隊の。報告会あったら面白そう。てか、やるか!
なるほど。これは盲点だった。
これは良いアイディア!半年経ってるから50回失敗することを目標にしてみよう! /
・・・これは面白い(^-^)
逆手に取るマインドの持ち方。いいですね〜
ネガティブをネガティブと認識しなくなる発想の転換。 /
なるほど納得
いきやすくなりそう
これはいい目標設定かもしれません、それだけ自分の行動を肯定して進めるわけですから。
自分の行動を肯定する大切さはその目線次第です
断られることを楽しみと考えれば、行動に繋がりやすくなる。
|「100回断られる」ことを目標にしたら、逆に成功するようになった話
以上

記事本文: 「100回失敗する」ことを目標にしたら、逆に成功するようになった話 | ライフハッカー[日本版]

関連記事