61コメント

最初のアイデアはバッサリ捨ててもいい。"勝つ"ためのアイデアの育て方 送りバントも盗塁も無意味な策なのか...。「統計学」を学びたいなら、まずは「プロ野球」を観てはいかが?...


Twitterのコメント(61)

なかなか耳の痛い話
1980年代は、20代で働いていない人はかなり孤独でした。(中略)でも今は、働いてなくても、SNSはあるし、インタラクティブなゲームもある。働かないことは、かつてよりもずっと魅力的なのです。 @lifehackerjapan
かつて職場に社会的交流を求めていた時代があるらしい。カネだけじゃないのか。 /
わたしもやりたいけど、本も映画もどんどんたまるし。でも、仕事と全部つながってるし、仕事してた方が趣味もより楽しめる気がする。
何か色々言われてたから内容呼んだけど、すげぇちゃんと書いてあるじゃねーか
肩透かしってか、アフィカスブログがやっぱ糞
@lifehackerjapanから

家庭用ゲームは安い金で何百時間も遊べたりするからな。コスパいいんだよ。
失業するヤツにはコミュ障が多く、コミュ障は1人でもできるゲームに流れ着く。
経験者かく語りきでござるの巻(笑)

世の中、コネがあれば仕事に困る事は無いんよね。
「発達障害に理解ヲー」の何が問題かって、理解じゃコネを作れないトコ。
いやいや。個人によるんじゃないの?σ(^_^;
ニートとの相関はありそうだが、失業率はもっと複合的な要素がありそうだ
相関があると言う割に、元の論文には有意水準もなければ、グラフもない。
正 失業したらゲームをしよう
誤 ゲーマー失業率
失業どころか働いたことがない。そうだゲームしよう。
ゲームする暇もない人の致死性と離職率も出してよ
「ビデオゲームと失業率に相関あり」という研究結果を紹介する記事。まぁぶっちゃけ、働いてカネ得ても食費確保できないレベルで税金持って行かれて何も残らないのであれば、わざわざ働かないよね。(俺の場合だと単純計算で月30万弱必要)
私とか完全に突然変異種扱いになるんだけど。
ケケケ(゚ω゚)ゲームばっかりやってないで🎮仕事もしないとね〜。
>どんなに時間をかけてバーチャルの世界を救っても、自分自身を救うことができなければ意味がありません。
@lifehackerjapanから

ゲームやってるから失業するわけじゃねえよな。
大学どころか大学院出てますが( ˙-˙ )真顔
またゲーム脳かよ…と思ったらそうでもなくてむしろゲーム擁護?と思ったけど最終的にごく普通の一般論だった

@lifehackerjapanから
余暇にゲームして何が悪いんだよ ええかげんにせぇや
プレイ時間を把握せよ(震え / (ライフハッカー[日本版])
「大学教育を受けていない男性の若者の多くは、地下室にこもって1日中ビデオゲームをしている」
この記事では混同がみられますが「相関がある」と「原因である」は違いますからね(^_^)
| ライフハッカー



ゲームは嗜好と同じ感覚なんだよね。趣味なんだから、他人から言われたくないよね…。
この結果は当然ちゃ当然であるものの、気になる話。 →
そりゃ相関も出るだろうよ。暇のつぶし方で最も金のかからない部類だからな。
40年前ならソレはTVだったろうさ。
ボードゲームをひたすらプレイしている人はどうなるのかねー。30年プレイしているけどー。終わらないよ
ゲーセン長年働いてると納得する
"どんなに時間をかけてバーチャルの世界を救っても、自分自身を救うことができなければ意味がありません。"
相関?ゲームするから失業?失業してるからゲームでは?
どんなゲーム?媒体・機種は?どこの話?
そしてその仕事の価値観
うーん、これは最後まで読んだ方がいいね。危うく読み飛ばして舌打ちするところだった。
ホリエモンがいってたぞ!これからは遊ぶ時間がふえるって。仕事が無くなるって。いかに遊ぶかって。
ゲームは毎日やってると目に見える形で報われる。現実は毎日やったからと言って報われる訳ではない、その差はどれだけ大きいか
仕事辞めてゼルダに没頭したい。。。 / (ライフハッカー[日本版])
>失業している男性の多くは未婚で、親や家族と同居している様です。仕事も責任もないため余暇の時間が多く、その内75%をゲームに費やしています。

だから逆説を研究結果として出すのはやめーや。
ゲームをすることが仕事になっていたりするけどね。実況者とか
ビデオゲームと失業率に相関あり 大学教育を受けていない若い男性の失業率は大幅に悪化、男性の多くは未婚で、親や家族と同居しているようです。仕事も責任もないため余暇の時間が多く、そのうち75%をゲームに費やしています。 それってYO!
これ、つまみぐいし過ぎて研究結果といえなくない?

経済学の研究者ってここまで曖昧でもゆるされるんか?
→どんなに時間をかけてバーチャルの世界を救っても、自分自身を救うことができなければ意味がありません。 |
面白い記事だなあ。(^^;
これは疑似相関なんじゃないか?ゲームをするから職につけないというよりは、それだけ若者を取り巻く環境に色々な問題があって、そのはけ口としてゲームを捉える方が正しい見方な気がする

ゲームと失業率に相関あり:研究結果
80年代は友人や彼女とドライブしたりパチンコ行ったりしてたんじゃないかな。読書や録画ものも楽しんでただろうけど。
無職で若けりゃ、自宅寄生でゲームやるくらいしか暇潰せないだろ?(ヽ´ω`)
VRがさらに進化したらもっとだろうな。スマホ教育もそうだけど、テクノロジーとの向き合い方を教育の一環として取り入れるべき。
…まぁそうだよね
すごく興味深い話。


大学教育を受けていない男性の若者の多くは、地下室にこもって1日中ビデオゲームをしているのです。
"働かないことは、かつてよりもずっと魅力的なのです。" 昨今のインターネット事情を考えると、確かにごもっとも。
>
>働かないことは、かつてよりもずっと魅力的なのです。
このパワーすごい
んーこれは相関て言葉を使って良いのかな?原文ではstrong linkを使ってるし、relativeは相関か解らないよって文で使ってるし。つーか、わかんないって言ってるのに、相関ありって…
ゲーム⇒失業というより、失業⇒ゲームの順で関係してるのでは。
ゲームでの達成感>仕事での達成感。
大学教育なしに現代社会を能動的に生きられないということだろう。批判的思考、自立的継続的学習、コミュニケーション。
ス、スマホゲームはセーフ?
切実にもっと格ゲーやりたい。週一じゃ足りない~
それだけゲームは吸引力があるんですね。総合芸術ですものね。
誘導的なタイトルだけど中身は理論的。正確にはゲームをやるから失業するんではなく、労働意欲が無いから失業するだけ。/
それ以上はよくない
リアルを充実させてから
以上

記事本文: ビデオゲームと失業率に相関あり:研究結果 | ライフハッカー[日本版]

関連記事

25コメント 2012-03-07 20:50 - blog.esuteru.com

ビデオゲームで脳が変化、創造性向上に効果=研究  ビデオゲームに興じることで人の脳は変化する。大学の研究者らによると、多くの場合、その変化は良い方向のものだという。  ゲームに興じると創造力、決断力、認識力が伸びることを示唆する大学の研究結果が相次いでいる。具体的な利点は外科医の視覚と手の動きの連動性の向上から、夜間の運転能力向上に結びつく視力の変化まで、幅広い分野...[続きを読む

画像で見る主要ニュース