TOP > ネタ・話題・トピック > 小太郎ぶろぐ > スマートフォンは...
22コメント

ウェブカメラと赤外線LEDからなるAndroid用のシステム「Senseye」は、使用者の目の動きに反応するインターフェース。 デモ動画で紹介されているのは、「画面を見ていない時は画面表示を暗くする」「視線の位置に応じて画面をスクロールさせる」「視点に合わせて動くシューティングゲーム」の3種類。 画面を見た瞬間に生死が確定する猫のSenseye専用アプリを思いついた。 ...


Twitterのコメント(22)

アンドロイドでも、あるみたいだ・・。試したい。。 アンドロイドほしかったし、買ってしまおうかなぁ・・・。
これが導入されれば今まで使えなかった人達も使える様になるな。 こういう技術は障碍者向けに発展していって欲しいね。
@Con_penguin なんかこういうものが
目が疲れそう/
スマートフォンがついに「視る」だけで操作できる時代に!視線入力デバイス  →ヴァルキリーの照準システムを思い出した。あれって、まだ作られてないの?
すごい時代になったもんだなぁ・・・
サイトを読む速度に合わせてブラウザがスクロールするのは有り難いが、STGで自機の視線操作は厳しそう。東方みたいにボスが女子だと絶対つっこんで死ぬ。 :
@_meijin_ これ先生に教えたらCRESTのメーリスに回されたw
なにこれ。色々使えそうじゃん。「 Senseye」
コレ使えばギャルゲで『どこみてんの!?この変態!!!』が堪能できるようになるわけだ
ついにアイトラッカされてしまうのか!?
小太郎ぶろぐ : [もば]
まだ手で打ってるとかいつの時代だよwwwって時代になるわけか
とうとうスマフォに視線入力デバイスが誕生したか・・・
以上

記事本文: スマートフォンはついに「視る」だけで操作できる時代に!視線入力デバイス Senseye

関連記事

37コメント 2013-05-22 13:08 - www.gizmodo.jp

キター! これがJolla(ヨッラ)端末第一号! って言われても「Jollaって何だっけ?」って思う方が大多数だと思いますが。Jollaは、NokiaでMeeGo端末「N9」の開発に携わったメンバーが立ち上げたフィンランド発の企業で、MeeGoは、Linuxをベースとしたオープンソースのモバイル機器向けOSです。 4.5インチのディスプレイにデュアルコアプロ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース