39コメント

共謀罪への危機感をあらわにする表現者たち。(左から)映画監督の森達也、作家の中島京子、作家の雨宮処凜、作家の浅田次郎 【時代の正体取材班=田崎 基】国会で本格的に審議入りしたいわゆる「共謀罪法案」。言論人の団体「日本ペンクラブ」(浅田次郎会長)は2月、反対声明を発表した。明確に「NO」の意思を示そうと今月7日には都内で、一線の作家や映画監督、漫画家、学者らが「共...


Twitterのコメント(39)

ホンマ、出されてしまったけど
4度目の廃案を!

・神奈川新聞
君ら表現者じゃない。
ただのクレーマーでしょ。
ど頭で森達也がユゴーを引き合いに出してて死ねの感想しかない
時代錯誤も甚だしいねこの人達は。頭が硬直してるらしい。
@カナロコ・神奈川新聞より
今まで作家でございとふんぞり返ってた連中がいかにアホなのか?が可視化されたのは良いこと
新聞に嫌われたら連載させてもらえない。
ほめほめ書評もなくなる。
以上。
レッテル貼り
法律は運用側の良識を当てにして作ってはいけない。賛成している人は将来「自民党もビックリ」な超トンデモ極右政党が政権を握った場合まで考えてる?
この記事がめっちゃレッテル貼ってて草
@カナロコ・神奈川新聞から

途中まで読んだけど うーん?この人たち反対派とか説得する気ないな?そらまぁそういう集会だしな
銀行襲撃を計画する自由は、一般人には要らないと思います。
私、表現者の端くれですが、全く心配しておりません。
立ち上がる日本ペンクラブ 

そうしたとき昔の悪い仲間から電話がかかってきたとする。「ちょっと銀行を襲撃しない?」
これに応じた時点でアウトだろ。
悔恨の有無で量刑に差は出るが前科者入りは不可避だ
>昔の悪い仲間から電話がかかってきたとする。
組織ではないのでテロ等準備罪の構成要件には当てはまらない。

@カナロコ・神奈川新聞さんから
>毎日食べるものすらない。そうしたとき昔の悪い仲間から電話がかかってきたとする。「ちょっと銀行を襲撃しない?」
これから毎日家を焼こうぜみたいなノリだしこいつジュラル星人だろ
いやいや、銀行強盗の計画準備をした段階で常識で考えたらアウトやろ!
@カナロコ・神奈川新聞さんから
10人のうち誰かがタレコミやってる件についてw
ってか共謀罪で逮捕される段階なら現行でも強盗予備やで
銀行強盗計画して、下見までした集団を野放しにしていいんですかねぇ
森さんの視点にはいつもハッとさせられる。
必見❢❢
@カナロコ・神奈川新聞さんから
気軽に強盗計画する奴って頭おかしいから逮捕で良いじゃん
@カナロコ・神奈川新聞さんから
後でゆっくり読みたいのでしおり代わりにリツイート。。。。
この記事か…。
何が「ちょっと銀行を襲撃しない?」だバカタレ。どアホウ。
(真面目に日々暮らしてる貧乏人を馬鹿にするのも大概にせぇよと)
ちばてつや御大が共謀罪に対して「NO」を突きつけているわけですが、コミック10社会は声明出したりしないのでしょうかね…まああの時は角川の井上社長が音頭取ったから成立したのだろうし、今の角川のトップがアレだからやんないだろうな。
森達也(作家、映画監督)「この間、ふと気付いたことがある。日本語で、税金を『納める』という。でも英語では『Pay』。つまり支払う。これは支払ったら、等価を手にすることを意味している」(神奈川新聞) 「僕らはいまだに『納める』。これは年貢
なるほど! @カナロコ・神奈川新聞さんから
@カナロコ・神奈川新聞より

小選挙区制と無関心に支えられた独裁政権ですなぁ。
@iwakamiyasumi 登壇者14人の発言を詳報する【立ち上がる日本ペンクラブ なぜ表現者は共謀罪に「NO」と言うのか】 (神奈川新聞)
これ深いわあ~。
ジャン・バルジャンも登場!
最初読むのに勇気がいったんですが絵本作家内田麟太郎さんが面白いこと言ってた。長いですが。
@カナロコ・神奈川新聞より
なぜ表現者たちは共謀罪に明確に「NO」を突き付けるのか 敗戦後、日本は国として、国民一人ひとりとして、戦争の歴史を振り返って精査し検証しなかった。何が戦争へと導いたを考えもしなかった。平和ボケ世代が作る悪路を子や孫たちが歩く恐ろしさ
なぜ表現者は共謀罪に「NO」と言うのか @カナロコ・神奈川新聞より
@カナロコ・神奈川新聞より
どうせ共謀罪も支持率や視聴率が上がらなかったらすぐやめるんだろう。そこまで見透かされてるから何やっても支持されないんだよ。
いやいや「表現者」の人ってそう言う発想なの?
今やSNS利用してる人々全てが表現者でもあり発信者でもある時代にこの選民意識。そりゃ有権者からの支持も得られんわ
以上

記事本文: 【特集】〈時代の正体〉立ち上がる日本ペンクラブ なぜ表現者は共謀罪に「NO」と言うのか|カナロコ|神奈川新聞ニュース

関連記事

36コメント 2016-04-30 19:41 - www.kanaloco.jp

神奈川新聞社は憲法記念日の5月3日、特別紙面「時代の正体 憲法特集」を発行する。今夏の参院選で「改正」の是非が主要争点となる日本国憲法について、東大名誉教授の樋口陽一さん(81)ら識者にインタビューした。 憲法学の権威でもある樋口さんは立憲デモクラシーの会共同代表、立憲政治を取り戻す国民運動委員会(民間立憲臨調)の代表世話人を務める。安全保障関連法や改憲に反対する運動の先頭に立つ理由に...[続きを読む

画像で見る主要ニュース