TOP > ニュース総合 > 河北新報 > 走って復興願う ...

走って復興願う ミュージシャンら2人が岩手沿岸を北上中 | 河北新報オンラインニュース

10コメント 登録日時:2014-05-17 06:43 | 河北新報キャッシュ

「復興祈念」ののぼりを持って走る鈴木さん(左)と自転車で伴走する山田さん=16日、大船渡市立根町 東日本大震災からの復興を願い、埼玉県所沢市のミュージシャン鈴木健司さん(31)とカナダで宿を経営する山田安希子さん(28)=兵庫県西宮市出身=が、沖縄から北海道まで走破を目指している。被災地などでの出会いをブログで発信する列島縦断の旅。岩手沿岸を北上中で16日は大船渡市から釜石市に向かった。 ...

Twitterのコメント(10)

■ 「これまでに2000キロ超を走り抜けた」 /すばらしい活動。思いつく人は多かったと思うが、実際にやれる人は少ない。応援したい!
山田さんは阪神大震災で被災した経験があり、陸前高田市の復興が遅れていることに驚いたという。
「 ONLINE NEWS」に掲載されました! 記事はこちら→
山田さんは阪神大震災で被災した経験があり、陸前高田市の復興が遅れていることに驚いたという。
やらないよりは行動した方がいい、周りはいろいろバカにするかもしれないけどやることに意味がある…そう心から思わないと行動できない事だよな。勿論立派な行動だと思う。
沖縄を出発したのは3月1日。九州、四国を経て本州を北に向かい、仙台、東松島、気仙沼の各市を走り、14日夜に岩手にたどり着いた。
@kahoku_shimpo
震災からの復興を願い埼玉県所沢市のミュージシャン鈴木健司さんとカナダで宿を経営する山田安希子さんが沖縄から北海道まで走破を目指している。被災地などでの出会いをブログで発信。岩手沿岸を北上中で16日は大船渡市から釜石市に向かった。
以上

記事本文: 走って復興願う ミュージシャンら2人が岩手沿岸を北上中 | 河北新報オンラインニュース

関連記事

画像で見る主要ニュース