TOP > ニュース総合 > 時事ドットコム > 「病は気から」仕...

「病は気から」仕組み解明=脳内の微小炎症、引き金に-北大など:時事ドットコム

16コメント 登録日時:2017-09-04 05:25 | 時事ドットコムキャッシュ

「病は気から」と昔から言われるが、慢性的なストレスが消化器の機能障害や突然死をもたらす仕組みを、北海道大などの研究チームがマウスの実験で初めて明らかにした。ストレス性の病気や突然死の予測に役立つという。論文は4日までに、国際科学誌イーライフに掲載された。 北大遺伝子病制御研究所の村上正晃教授らは、マウスに睡眠障害を起こして慢性的なストレスを与える実験を実施。自分の組織を攻撃してしまう免疫細胞(病原...

Twitterのコメント(16)

「思考は現実化する」ことが科学的に解明されようとしていますね。強い信念とそれを支える肉体の両方があれば、成功につながるんでしょうね。 / (...
「病は気から」仕組み解明=脳内の微小炎症、引き金に-北大など慢性的なストレスが消化器の機能障害や突然死をもたらす仕組みを、北海道大などの研究チームがマウスの実験で初めて明らかにした。
何とか予防できないものでしょうか
風邪ひとつ引かないのにストレス性疾患多過ぎなんですけど(笑)
メンタル強化しないとなぁ
病原T細胞が脳の特定部位に集積して微小な炎症を起こしていた。この部位に炎症が起きると、新たな神経回路が形成されてよりストレスを強め、消化器などの炎症を引き起こす。
ふむふむ
病は気から、本当なんだなー!
ストレスフリーに生きたいc⌒っ.д.)っ
単に睡眠不足は生理学的に有害とも言えそう :
「病は気から」仕組み解明=脳内の微小炎症、引き金に

★ストレスは心の中のコップに水の様に溜まり溢れる。涙等で溢れるのはまだ良いが、凍ってしまうと厄介だ。だったら自身の力で溢れさせれば良い。完全なリラックスは水=感情を流してくれるよ。
人間ほど思い込みで体が反応する生き物もいない。
脳が発達しすぎているから。
「病は気から」仕組み解明=脳内の微小炎症、引き金に-北大など(時事ドットコム)
ストレスにより脳に微小な炎症が生じ、それが疾患を引き起こし時には死に至る。ストレスへの耐性は病原T細胞の有無によって異なる、という理解でいいのだろうか?
時事通信9/4:「病は気から」と昔から言われるが、慢性的なストレスが消化器の機能障害や突然死をもたらす仕組みを、北海道大などの研究チームがマウスの実験で初めて明らかにした。ストレス性の病気や突然死の予測に役立つという。→
〈「病は気から」と昔から言われるが、慢性的なストレスが消化器の機能障害や突然死をもたらす仕組みを、北海道大などの研究チームがマウスの実験で初めて明らかにした。ストレス性の病気や突然死の予測に役立つという〉

北大など:時事ドットコム
以上

記事本文: 「病は気から」仕組み解明=脳内の微小炎症、引き金に-北大など:時事ドットコム

関連記事

画像で見る主要ニュース