TOP > ニュース総合 > 時事ドットコム > 米長官「ICBM...
10コメント

【ワシントン時事】ティラーソン米国務長官は4日、北朝鮮による「大陸間弾道ミサイル(ICBM)」発射を非難する声明を出し、発射されたのはICBMだったとの認識を示した。同長官は声明で「世界規模の脅威を食い止めるため、世界規模の行動が必要だ」と関係国に連携を呼び掛けた。安保理、あす緊急会合=北朝鮮ミサイルで日米韓 米主要メディアは同日、米当局者が発射されたのは2段式のICBMの可能性が高いと判断...


Twitterのコメント(10)

あーあ。
米政府「ICBM発射」断定=韓国とミサイル合同訓練-北朝鮮の脅威、現実に - 時事ドットコム
米政府「ICBM発射」断定=韓国とミサイル合同訓練-北朝鮮の脅威、現実に
米長官「ICBM発射」と認識=北朝鮮に非難声明-2段式、アラスカ射程か あなただけの地球じゃないんですよ。あなたに世界中の人に恐怖を与える権利はない。何が一番良い選択なんだろうね。
液体燃料だし、2段式と考えるのがやはり妥当でしょうね。
米長官「ICBM発射」と認識=北朝鮮に非難声明−2段式、アラスカ射程か
国民は北朝鮮のミサイル発射はウソだと気が付いていますよ。
何度も繰り返せば、ウソが本当になる時代は終わりました。
「ICBM発射」と米当局者=北朝鮮ミサイル、2段式か:時事ドットコム
TBSは誰から「ICBMではない」と聞いたの?米軍は言っていないよ。米軍関係者?そうか、どこまでが関係者なの?

「ICBM発射」と米当局者=北朝鮮ミサイル、2段式か:時事ドットコム
以上

記事本文: 米長官「ICBM発射」と認識=北朝鮮に非難声明-2段式、アラスカ射程か:時事ドットコム

関連記事

36コメント 2017-01-09 07:23 - www3.nhk.or.jp

北朝鮮は発射実験の準備が最終段階に入ったとしているICBM=大陸間弾道ミサイルについて、「任意の時刻に任意の場所から発射されるだろう」として発射実験を強行する可能性を示唆し、トランプ次期政権の発足を控えたアメリカへのけん制を強めています。 北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は元日に発表した演説...[続きを読む

画像で見る主要ニュース