TOP > その他のニュース > J-CASTニュース > 青森・黒石市「写...
20コメント

青森県黒石市の祭り写真コンテストで最高の市長賞に決まりながら、写っていた中学2年生、葛西りまさんがいじめを苦に自殺したことを理由に取り消された問題で、コンテストの実行委員会はきのう19日(2016年10月)、一転して授与すると発表した。 高樋憲市長は「(取り消しは)公の場に出していいのかを配慮した」と語った。「名前や顔写真を出すのは控えるべきだと考えた」と繰り...


Twitterのコメント(20)

受賞者の気持ちも、亡くなった子の気持ちも、ご遺族の気持ちも、実際にはなーにも考えれてなかった。。。
@jcast_newsから

少数のキチのクレームに対応した結果、大多数の一般人から批判を受けたいい例。なんでもかんでも対応するべきじゃない。
火に油を注いで
慌てて水入れたけど
油が跳ねて
大火傷してるわこの市長
ただの写真コンテストなんでしょ?騒ぎが想定外に大き過ぎて慌てることくらい誰でもあるよ。イジメのことが広く知られたんだから後はどうでもよくない?
黒石市「写真コンテスト」批判に大慌て!一転して「授与します」
この写真がすばらしく、ちゃんと被写体の御家族に許可を頂いての受賞だったはずなんだから、取り消す必要がどこにあったのか、のほうが問題じゃないのかな。虐めた側のメンタル?
こんな市長を選んだ市民には呆れる…
全国放送かよ?!恥ずかしい…(∵`) @jcast_newsより
二転三転❔1000点かな~😱座布団一枚😁
最高賞を取り消して市長賞って市長賞が最高賞なん?
こう言うのって批判されたら慌てて撤回するけど、その前にもっと考慮しておけば「こう言う理由です」って反論出来ると思うんだ。誰が責任者なん?
自殺したからふさわしくないか……
ところで青森と言えば太宰治だよね。

配慮したのは「加害者に対して」なんだろうな。最低。そして朝令暮改か。
受賞やるからイジメ問題無かった事にさせろって変な圧力あったんやろ当事者側から(笑)

だから金積まなきゃ無理だっつーの(笑)
連日この報道してっけどほんまにどうでもいいからもっと内容のある報道して。
まぁクソマスコミの報道内容なんかこんなことあったんだで終わりだけど。
@jcast_newsより
さぁさぁ皆様!事なかれ主義今ここに極まれり!寄った寄ったの大嵐!
これで遺族が辞退すればきれいに収まる(というかこんな姑息な市長の名前を冠した賞なんかもらいたくないでしょ)
もう外野が言うのもあれだけど、批判が出ても「こういう理由で取り消しの判断をしました」でいいと思いますが。
この問題、いじめそのものにスポットが当たらないのはなぜだろう。
本質から外れて、横道にそれてばかりだ。
なんで、私の判断が誤っていた、と頭を下げることができないのか?器が小さい。
@jcast_newsより
高樋憲市長は「(取り消しは)公の場に出していいのかを配慮した」と語った。「名前や顔写真を出すのは控えるべきだと考えた」と繰り返すばかりだった。
以上

記事本文: 青森・黒石市「写真コンテスト」市長賞取り消し・・・批判に大慌て!一転して「授与します」 : J-CASTテレビウォッチ

関連記事

46コメント 2016-10-19 14:02 - www.j-cast.com

青森県黒石市の伝統の祭り「黒石よされ」で、楽しげに踊る少女の写真がコンテストに入賞した。ところが、少女はいじめを苦に遺書を残して自殺していた。市はあわてて写真の入賞を取り消したが、少女の家族は「バカにされたような気がした」と割り切れない思いを語った。 伝統祭り「黒石よされ」笑顔で踊る中学2年生 写真の少女は、浴衣姿でリンゴとこけしの飾り前掛け、赤い鉢巻き、赤い傘を持って...[続きを読む

画像で見る主要ニュース